杉原です。

この記事では、FXでデイトレードをする際、9時~17時頃までの東京時間、いわゆる東京市場でも勝てるかのかどうかを解説しています。

実際のところFXでは、日本時間の夕方以降であるロンドン時間や夜間にあたるニューヨーク時間に、取引をする投資家/トレーダーが少なくありません。

そのため、夕方以降の方が値動きが大きくなるので、利益を取りやすい傾向にあります。

対して東京時間の場合、ニューヨークのアメリカも、ロンドンのイギリスも時差がありまだトレーダーたちが起きていないため、取引するトレーダーが少なくなるわけです。

そのような事情から東京時間の値動きはロンドン時間やニューヨーク時間と比べ小さい傾向にあり、あえて東京時間を避けているトレーダーが少なくありません。

実際に夕方以降に取引するトレーダーが多いので、FXのデイトレードは東京時間でも勝てるのかという事例があまりないので、今回の記事で解説していきたいと思います。

ロンドン時間やニューヨーク時間に加え、東京時間でも取引すれば、より利益を伸ばしやすいので、ぜひ参考になさって頂ければ幸いです。

関連:FXのデイトレで利益率と勝率が高い時間帯。

FXは東京時間でもFXのデイトレードで勝つ事は十分に可能

そもそも取り組むFXのデイトレ手法が「ほかの時間帯でも通用する事」が大前提の話ですが、そうであれば東京時間であっても何ら問題はありません。

東京時間でも十分な取引量があり、テクニカルが効きやすい傾向にあるからです。

ただし、ロンロン時間やニューヨーク時間などとは異なり、東京時間に特化したいくつかの注意点もありますので、その辺りを解説させて頂きます。

通貨ペア

基本的にFXで値動きが起こる際には、開いている市場に関わる通貨が絡む通貨ペアになります。

ニューヨーク時間であれば、ニューヨーク市場はアメリカですので、アメリカドルが絡む、

・ユーロドル(EUR/USD)
・ポンドドル(GBP/USD)
・オージードル米ドル(AUD/USD)
・ドル円(USD/JPY)

などが大きく動きやすく利益を取りやすいわけです。

また、ロンドン時間であればイギリスをはじめユーロ圏が主体となるため、「イギリス通貨のポンド」「ユーロ圏の通貨であるユーロ」が絡む下記のような通貨ペアがより大きな値動きになります。

・ユーロドル(EUR/USD)
・ポンドドル(GBP/USD)
・ポンド円(GBP/JPY)
・ユーロ円(EUR/JPY)
・ユーロオージー(EUR/AUD)

これらニューヨーク時間やロンドン時間に対して、東京時間は当然のことながら「円(JPY)」が主人公になる時間帯です。

また、東京時間の少し前にはオーストラリア市場が開いているため、「オージードル(AUD)」も動きやすい傾向にあります。

以上を踏まえた上で、以下のような通貨ペアを狙っていくと良いです。

  • ドル円(USD/JPY)
  • ポンド円(GBP/JPY)
  • ユーロ円(EUR/JPY)
  • オージー円(AUD/JPY)
  • オージードル米ドル(AUD/USD)
  • ユーロオージー(EUR/AUD)

ドル円やポンド円をはじめとするクロス円は、やはり動きやすいため、狙うべき通貨ペアの筆頭と言っても過言ではありません。

そのほかでは、意外にもユーロオージー(EUR/AUD)が安定的に動きやすくオススメしていました。

上記の中で動きが鈍く、あまり利益を取りにくい通貨ペアはオージードル米ドル(AUD/USD)になります。

ただ、オージードル米ドルは必要証拠金が安いので、値動きの小ささをロットを上げて補うなどをすれば、利益率を下げずにトレードができるはずです。

ただ、今挙げた東京時間で推奨する通貨ペア以外である、

・ユーロドル(EUR/USD)
・ポンドドル(GBP/USD)

などは取引自体をオススメしません。

これらの通貨ペアは東京時間の間、取引量が極端に少なくなります。

そのため、値動きが小さいだけではなくテクニカルが効きにくい傾向にあるので、勝率そのものも低くなりがちだからこそ「ユーロドル(EUR/USD)」「ポンドドル(GBP/USD)」は東京時間では推奨していませんでした。

以上から、東京時間では、

ドル円(USD/JPY)
ポンド円(GBP/JPY)
ユーロ円(EUR/JPY)
オージー円(AUD/JPY)
オージードル米ドル(AUD/USD)
ユーロオージー(EUR/AUD)

などの通貨ペアのみに特化する事を推奨しています。

時間帯

FXにおける東京時間は9時~17時頃ですが、すべての時間が勝ちやすいわけではありません。

たとえば、

・9時~11時頃
・14時以降

という時間帯以外は、極端に取引量が少なくなることで値動きが小さくなりがちです。

取引量が極めて小さいため、テクニカルの効き目が弱まる事で、勝率が低下する恐れがあります。

勝率の低下に加えて値動きも小さいため、

・9時~11時頃
・14時以降

の時間帯以外はトレードするメリットがありません。

メリットがないどころか、利益率を下げる結果に成りかねませんので、上記の時間以外はトレードを避ける方が無難です。

経済指標

続いて東京時間のFXデイトレードで注意すべき点は経済指標です。

特に、市場が開いている、

・日本
・オーストラリア

は指標が発表されやすく、それにともなってファンダメンタルズが優勢の値動きになりやすい事があります。

要するに、テクニカルの効き目が弱まり、勝率が低下しがちだということです。

そうは言っても、基本的に経済指標の発表前後を避ければ良いので、実際はそれほど心配する問題ではありません。

ただ注意が必要となるのは日本時間の午後に発表があるイギリス関連の経済指標です。

重要度が低い経済指標だとしても、15時頃に発表されて異常に荒い値動きを見せる事も少なくありません。

そのため、イギリス関連の経済指標が発表される前後は、重要度に関わらずポンド円(GBP/JPY)の取引は避けた方が無難です。

そのほか、夜中にアメリカ雇用統計の発表がある日は「様子見」をするトレーダーが多くいるため、全体的に値動きが少なくなる傾向にあるので、無理にトレードをする必要はないというのが私の見解になります。

日本の祝日

「海の日」「山の日」など、日本の祝日にあたる日は東京市場そのものが閉場しているため、極端に取引量が下がります。

その結果、値動きが小さく利益が取りにくいだけではなく、テクニカル自体の効き目が弱まる事で勝率の低下が避けられません。

よって、日本の祝日には、どの通貨ペアであってもトレードそのものを避ける事を推奨していました。

まとめ~FXは東京時間のFXデイトレードでも勝てるのか~

以上、東京時間のFXデイトレで勝つための注意点として、

・通貨ペア
・時間帯
・経済指標
・祝日

などに分けて解説させて頂きました。

FXにおいて最も参加トレーダーが多く勝率が上がりやすく、かつ値動きが大きく稼ぎやすい時間帯は、21時以降でロンドン時間とニューヨーク時間が重複する時間帯である事は間違いありません。

とは言え、今回の記事で扱った東京時間は日本人の生活時間に合っているため、身体的に見るとストレスが少なく良いかもしれません。

もし、夕方以降のロンドン時間やニューヨーク時間だけではなく、東京時間でもFXのデイトレードをできる時間を取れるのであれば、さらに利益率を高めるべく、東京時間に挑戦してみるの良いと思います。

もちろん、ロンドン時間やニューヨーク時間に都合が悪く、日中にしかFXのデイトレードができない場合であれば、全力で東京時間に特化しても問題ありません。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>これできないと負け。FXのデイトレで「ノーポジション」が重要なわけ。

>【成功法則】メンタルコントロールとFXデイトレの絶対的な相関性

>FXのデイトレで環境認識が重要なわけを負け事例を使って解説。

>ライントレードはほかのトレーダーとまったく同じラインを引けないと勝てない?