杉原です。

今回は私がFXのデイトレで使っている、下記2つの欠かせない「ツール」に関して紹介したいと思います。

  • MT4
  • TradingView(トレーディングビュー)

まず1つめの「MT4」からいきましょう。

MT4

MT4のイメージ画像

このMT4は、ロング、ショートなどのエントリーや、決済(利確または損切り)という「注文」を出す際に欠かせません。

そのため、MT4を使わない事にはトレードができないわけです。

そんなMT4は、

・パソコン版アプリ
・Web版アプリ
・スマートフォン版アプリ

と、さまざまな形式で使う事ができます。

3つ目に挙げた「スマートフォン版アプリ」では、iPhoneとandroidの2つが配布されているので、ご使用のスマートフォン機種によって使えないということは基本的にありません。

私自身は、上記の中でも「パソコン版」と「スマートフォン版」を利用していました。

とは言え、2つを併用するというわけでは特にありません。

基本的にパソコン版で操作しつつ、万一、パソコンやネット環境の不調で発注ができない事態になった際の「代替案」としてスマートフォン版も使えるようにスタンバイしているわけです。

ですので、基本はパソコン版のみでトレードしている形になります。

このMT4は、各取引業者が配布しているものを利用する必要があるため、ご利用の業者から直接ダウンロードしなければなりませんのでご注意ください。

TradingView(トレーディングビュー)

TradingViewのイメージ画像

>公式サイトはこちら

続いて私が利用しているツールは、TradingView(トレーディングビュー)です。

このツールは特に発注などに使っていないため、「必須」というわけではありません。

ただ、チャートを見ながらエントリーや決済の判断を下す際に、このTradingView(トレーディングビュー)は非常に使い勝手が良いため、継続して使い続けていました。

特にTradingViewで私が気に入っている機能は、下図のような「マウスホイール」を上下するだけでチャート画面を拡大したり縮小ができる点です。

マウスのホイール引用:https://nettble.com/mouse.html

この機能はMT4では実装されていないようで、困っていましたが、TradingViewがあるお陰で、チャート画面の拡大/縮小が容易になり、エントリーや決済の判断を素早く下す事に役立っています。

また、インストール不要でブラウザ上にて動作し、チャートの設定を自由にカスタマイズしたものを保存が可能なので、外出先でも普段とおりの環境でトレードができる点もオススメです。

そのほか、「リプレイモード」という過去チャートを表示しながら、チャートの右側を非表示にしたまま、1本ずつローソク足を表示させる機能も推奨の1つとなっています。

1本ずつ表示させるだけではなく、早送りも可能

このリプレイモードならば、チャートの右側が見えないため、バックテストや練習の際に有効に活用ができるはずです。

そんなトレード手法のテストや練習はもちろん、新たなロジックを開発する際にも重宝したい機能となっています。

>TradingViewの公式サイトはこちら

私が使っているツールのまとめ

以上、今回は、

・MT4
・TradingView

という私が使っているツールについて紹介させて頂きました。

MT4に関しては、エントリーや決済の発注をするために必須ですが、基本的に売買の判断にはチャートの見やすさや操作性が高いTradingViewを使用しています。

TradingViewのみで発注もできるのが理想・・・で、実際にOANDAという業者には発注ができるそうです。

ですが、私自身が使っている業者である「Exness」にはTradingViewからの発注はできないため、仕方なくMT4とあわせて2つのツールを使っている状況になります。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

杉原。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>資金1万円から500万円に。少額から一気に増やしたFXのデイトレ手法/ロジックの解説。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐFXデイトレーダーたち

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いFXデイトレード手法の条件。