杉原です。

私が最も推奨しているFX業者である『Exness(エクスネス)』に関して「ExnessのMT4でチャートを見ると4時間足が他業者と大きく異なって心配です。」という、利用者からの質問/相談が割と来ます。

そこで当記事では、なぜExness(エクスネス)におけるMT4では4時間足チャートがほかのFX業者と異なるのか、その原因を解説させて頂く次第です。

【検証】Exness(エクスネス)におけるMT4の4時間足チャート

まず前提として4時間足チャートは、下記のようにFX相場における「夏時間」「冬時間」によって、ローソク足が完成する時間が大きく異なります。

  • 夏時間
    →6時、10時、14時、18時、22時、2時
  • 冬時間
    →7時、11時、15時、19時、23時、3時

このように「夏時間は6時」「冬時間は7時」と、FX市場の開始時刻が異なることから、4時間ごとに完成する4時間足チャートが夏時間と冬時間で時間差があるわけです。

その上で、なぜかExness(エクスネス)のMT4における4時間足チャートを見ると、ほかのFX業者が表示する4時間足と大きな違いが発見できます。

それも、高値や安値のヒゲによる『誤差』というレベルではありません。

そんなExness(エクスネス)の4時間足チャートにおける大きな違いが下図になります。

Exness(エクスネス)とOANDA(オアンダ)の4時間足チャートを比較

この図はExness(エクスネス)とOANDA(オアンダ)の4時間足チャートを比較したものです。

ご覧のとおり、陰線と陽線が異なるローソク足もあるほどで、誤差以上の違いが見られます。

Exnessの4時間足チャートがおかしい原因

なぜ、先ほどの図に見られるような大きな違いがExness(エクスネス)の4時間足チャートにはあるのかー

その原因は、Exness(エクスネス)の4時間足チャートは下記のように、独自の時間帯で生成しているからです。

  • 9時
  • 13時
  • 17時
  • 21時
  • 1時
  • 5時

FX相場における東京時間のスタート時刻である9時に合わせているからこそ、ほかのFX業者が出している4時間足チャートと大きな違いが生じていたわけです。

基本的にFX業者は、

・夏時間は6時
・冬時間は7時

のFX市場が開始時刻となる時間から4時間足の生成をスタートします。

そのため、9時から4時間刻みで4時間足を生成しているExness(エクスネス)との大きな違いが生じていた次第です。

そのほか、海外FX業者ごとに多少の「誤差」がチャートに見られ、その原因と対策に関しては、下記の記事で詳しく扱っておりました。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>FXのデイトレードはスマホだけ、パソコン無しでも勝てるのか?

>なぜポンド円はテクニカルが効きやすいのか?

>勝率アップ。FXのデイトレでテクニカル指標の「ダマシ」を防ぐ方法。

>決定版。FXデイトレの最適なバックテスト方法×必須のテスト項目。

>【保存版】FXのデイトレで勝てない原因と解決策3選