杉原です。

今回は

最高実質が21億倍のレバレッジ無制限
証拠金維持率0%のロスカット水準

という業界内でも群を抜いて高い口座スペックを誇る『Exness』における、最新の「スプレッド」「取引手数料」を、口座タイプで比較しながら解説していきたいと思います。

Exness(エクスネス)

各口座タイプの解説、無制限のレバレッジや証拠金維持率0%を含め、Exnessの詳細レビューは下記の記事で掘り下げていますので、必要に応じてご覧になって頂ければ幸いです。

>Exness口座タイプの違いと推奨口座を解説

>レバレッジ無制限×証拠金維持0%のロスカット水準「Exness」本音レビュー

このExnessは「レバレッジの高さ」や「証拠金維持率」の低さという強みが目立っているものの、スプレッドの狭さも海外FX業者の中では群を抜いて「優秀」である事は間違いありません。

そんなスプレッドと併せ、関連する取引手数料も含めて、今回は表形式で分かりやすく比較、解説させて頂きます。

以下が、当記事で掲載していくトレード対象(銘柄)です。

  • 為替通貨ペア
  • 貴金属
  • 仮想通貨(暗号資産)
  • エネルギー
  • 株価指数

Exnessでは、

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

の4タイプがあり、通常の「スタンダード口座」「プロ口座」などは取引手数料はありません。

ただ、この内「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」はスプレッドが0に近い反面、「取引手数料」が存在するため、本記事では、そんな取引手数料もあわせて表形式で比較していく次第です。

Exnessの為替通貨ペアにおけるスプレッドと取引手数料

まずは多くのトレーダーが取り扱う「為替通貨ペア」のスプレッドと取引手数料の比較です。

そんな為替通貨ペアは、

メジャー通貨ペア
クロス円通貨ペア
そのほか通貨ペア

という3つの分類した上で表形式にて比較していきます。

メジャー通貨ペアのスプレッドと取引手数料の比較

まずはメジャー通貨ペアの比較表になります。

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
EUR/USD
ユーロドル
1.0pips 0.6pips 0pips 0pips
7ドル 7ドル
USD/JPY
ドル円
1.1pips 0.7pips 0pips 0pips
7ドル 7ドル
GBP/USD
ポンドドル
1.5pips 0.9pips 0.2pips 0.1pips
7ドル 9ドル
AUD/USD
オージードル
1.4pips 0.9pips 0.3pips 0pips
7ドル 10ドル

クロス円通貨ペアのスプレッドと取引手数料の比較

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
EUR/JPY
ユーロ円
1.9pips 1.2pips 0.4pips 0.1pips
7ドル 10ドル
GBP/JPY
ポンド円
2.0pips 1.7pips 0.5pips 0pips
7ドル 15ドル
AUD/JPY
オージー円
2.1pips 1.3pips 0.5pips 0.3pips
7ドル 9ドル
CAD/JPY
カナダドル円
2.4pips 1.5pips 0.7pips 0.3pips
7ドル 10ドル
NZD/JPY
ニュージーランド円
2.9pips 1.8pips 0.9pips 0.1pips
7ドル 15ドル

そのほか通貨ペアのスプレッドと取引手数料の比較

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
AUD/GBP
オージーポンド
2.4pips 1.5pips 0.8pips 0pips
7ドル 23ドル
EUR/AUD
ユーロオージー
2.3pips 1.4pips 0.5pips 0pips
7ドル 11ドル
EUR/GBP
ユーロポンド
1.6pips 1pips 0.4pips 0pips
7ドル 18ドル
EUR/NZD
ユーロニュージードル
3.6pips 2.2pips 1.1pips 0.7pips
7ドル 10ドル
GBP/CAD
ポンドカナダドル
2.8pips 1.7pips 1.1pips 0pips
7ドル 16ドル

Exnessの貴金属におけるスプレッドと取引手数料

以下、ゴールド(金)やシルバー(銀)の比較表です。

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
XAU/USD
ゴールドドル
2.0pips 1.25pips 0.6pips 0pips
7ドル 16ドル
XAG/USD
シルバードル
4.7pips 2.9pips 2.9pips 0.5pips
7ドル 100ドル

Exnessの仮想通貨(暗号資産)におけるスプレッドと取引手数料

以下、仮想通貨(暗号資産)の比較表になります。

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
BTC/JPY
ビットコイン円
850pips 531pips 373pips 341pips
7ドル 10ドル
BTC/USD
ビットコインドル
586pips 366pips 238pips 237pips
7ドル 7ドル

Exnessのエネルギーにおけるスプレッドと取引手数料

以下、エネルギーに関する比較表になります。

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
UKOIL
ブレンド原油
15.8pips 9.9pips
USOIL
原油
9.5pips 5.9pips 4.4pips 2.3pips
7ドル 38ドル

現状、UKOIL(ブレンド原油)に関しては、「スタンダード口座」「プロ口座」のみで取引が可能です。

Exnessの株価指数におけるスプレッドと取引手数料

以下、株価指数に関する比較表になります。

概算で1ドルあたり約0.1pipsとして考えると比較が容易です。

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
JP225 11.1pips 7.2pips
UK100 56.9pips 35.6pips 15.9pips 12.2pips
2ドル 2.5ドル
US30 7.6pips 4.1pips 0pips 0pips
8.5ドル 1ドル
US500 14.3pips 8.9pips 0pips 0pips
1ドル 1ドル

総括。Exnessの最新「スプレッド」と「手数料」の口座タイプ別比較。

以上、今回は、

為替通貨ペア
貴金属
仮想通貨(暗号資産)
エネルギー
株価指数

に関して、代表的な銘柄をピックアップして比較してきました。

「スタンダード口座」よりも「プロ口座」の方が、どの銘柄を見ても、スプレッド/手数料が明らかに有利な環境である事は間違いありません。

ただ、「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」に関しては、銘柄によって取引コスト(スプレッド+手数料)が変わってきます。

そのため、ご自身がトレードする銘柄によって「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」を使い分ける方が、より有利な取引環境でのトレードが可能です。

以上、参考にして頂ければと思います。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐFXデイトレーダーたち

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>FXのデイトレードで成功する人の性格や素質、適性とは。専業FXデイトレーダーに向いている人の解説。

>月利を高めるためには、勝率とリスクリワードはどちらを優先すべきか。

>FXのデイトレードでロットを上げると勝てない(負ける)原因