「海外FX業者の取引口座」の記事一覧

致命的。XMのKIWAMI極口座を避けるべき理由と上位互換の口座を紹介。

杉原です。

海外FX業者の中でトップクラスに人気があるXMが打ち出した新たな口座『KIWAMI極口座』ですが、多くのブログやサイトで推奨されているものの、実際には利用を避けた方が良いと言える致命的なデメリット/欠点があります。

そんなXMのKIWAMI極口座よりもデイトレードに適している「上位互換」の口座があるので、そのFX業者で推奨できる口座とKIWAMI極口座を比較しながら、解説させて頂く次第です。

まず、XMのKIWAMI極口座の上位互換と言える口座は、私自身が愛用している海外FX業者『Exness(エクスネス)』が提供しているプロ口座になります。

Exness(エクスネス)>Exnessプロ口座の開設はこちらの公式サイトから<

XM>XMが提供するKIWAMI極口座の詳細はこちら<

このExness(エクスネス)のプロ口座と、XMのKIWAMI極口座を下記の項目で比較しながら、KIWAMI口座の致命的な部分を含め、それぞれのメリットやデメリットを客観的な視点で比較していくので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

  • スプレッド
  • ボーナス
  • レバレッジ
  • 強制ロスカット水準
  • 両建て事情

それでは早速1つずつ比較、解説させて頂きます。

スプレッド〜XMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座を比較〜

まずは毎回のトレードにおける利益を左右するスプレッドについて比較していきます。

XMのKIWAMI極口座もExnessのプロ口座も、両方とも非常に狭いスプレッドながら、手数料は特に発生しません。

その上で、デイトレードに適している通貨ペアやその他の取引銘柄に関するスプレッドを、公式サイトから最新情報をまとめ、表形式で比較したものが下記になります。

それぞれスプレッドが狭く優れている方を色分けしているので参考にしてみてください。(差がない場合は着色をしていません)

  Exness
プロ口座
XM
KIWAMI極口座
ユーロドル
EUR/USD
0.6 pips 0.7 pips
ドル円
USD/JPY
0.7 pips 0.7 pips
ポンドドル
GBP/USD
0.7 pips 0.7 pips
ポンド円
GBP/JPY
1.3 pips 1.4 pips
ユーロ円
EUR/JPY
1.2 pips 1.2 pips
オージー米ドル
AUD/USD
0.9 pips 0.9 pips
ポンドオージー
GBP/AUD
1.7 pips 2.1 pips
ユーロオージー
EUR/AUD
1.4 pips 1.5 pips
ユーロニュージーランドドル
EUR/NZD
2.3 pips 2.4 pips
オージー円
AUD/JPY
1.3 pips 1.6 pips
ゴールド
XAU/USD
1.25 pips 1.5 pips
シルバー
XAG/USD
2.4 pips 2.2 pips

以上、取引量がそれなりにありボラティリティも高い、デイトレードに適した通貨ペアとゴールド、シルバーを含めた銘柄のスプレッド比較表でした。

XMのKIWAMI極口座も手数料なしで相当の狭さとなっているものの、実際のところ、Exnessのプロ口座の方が多くの銘柄で狭いスプレッドを提供していました。

それぞれスプレッドが狭さを表したものが以下の表です。

  Exnessのプロ口座/XM
KIWAMI極口座
ユーロドル
EUR/USD
Exnessのプロ口座
0.1 pipsの差
ドル円
USD/JPY
引き分け
ポンドドル
GBP/USD
引き分け
ポンド円
GBP/JPY
Exnessのプロ口座
0.1 pipsの差
ユーロ円
EUR/JPY
引き分け
オージー米ドル
AUD/USD
引き分け
ポンドオージー
GBP/AUD
Exnessのプロ口座
0.4 pipsの差
ユーロオージー
EUR/AUD
Exnessのプロ口座
0.1 pipsの差
ユーロニュージーランドドル
EUR/NZD
Exnessのプロ口座
0.1 pipsの差
オージー円
AUD/JPY
Exnessのプロ口座
0.3 pipsの差
ゴールド
XAU/USD
Exnessのプロ口座
0.25 pipsの差
シルバー
XAG/USD
XMのKIWAMI極口座
0.2 pipsの差

もちろん、それぞれの差は「微差」かもしれません。

ただ、デイトレードのように取引回数が多いほど、毎回のトレードで発生する取引コストであるスプレッドは低い方が、同じデイトレ手法でも手元に残る利益が大きくなります。

わずかでもスプレッドが狭い分だけ、

・勝った際の利幅が大きくなる
・負けた際の損切幅が狭くなる

という事実があるからです。

たとえスプレッドの差が大きくは無くとも、取引回数が多いデイトレであれば、上記の差は長期的に見ても非常に大きくなります。

そのため、単純に利益を多く得る上で、スプレッドの観点で見てXMのKIWAMI極口座よりも、Exnessプロ口座の方が優れている私は率直に感じた次第です。

スプレッド以外にある「隠れた取引コスト」〜XMのKIWAMI極口座にある致命的なデメリット〜

ここまでは取引コストとして避けられないスプレッドの比較をしてきましたが、実はXMのKIWAMI極口座には、

・スプレッド
・手数料

ではない、別の「隠れた取引コスト」がありました。

それがスリッページです。

エントリーした際に実際の価格よりも「不利」な価格での約定が発生する、そんなスリッページが、XMのKIWAMI極口座には存在しています。

と言いますのも、XMはKIWAMI極口座のみ国内口座のような「呑み業者」が使うOTC方式を採用しており、スリッページの発生が避けにくい仕様となっているわけです。

ですので、XMのKIWAMI極口座は公式サイト側が公表している狭いスプレッドとは別に、スリッページにより「不利」な価格での約定が発生する可能性が高い致命的な『致命的』な欠点が避けられません。

もちろん、このKIWAMI極口座では、毎回のトレードでスリッページが発生し不利になるというわけではないものの、スリッページの発生が何度かに一度の割合でもある以上は、長期的にトレードを続ければ続けるほど、利益が削られることは確かだと私は思います。

よってXMのKIWAMI極口座における、先ほどお伝えしたようなスプレッドの狭さというメリットは、スリッページの発生によって、ある程度は打ち消されてしまっているのでは?と感じてしまった次第です。

スリッページが発生しないExnessプロ口座の仕組み

狭いスプレッドの代わりにスリッページが発生するXMのKIWAMI極口座とは対照的に、Exnessのプロ口座では、

Instant Execution(即時約定)

という方式を採用しており、トレーダーが注文をした時点の価格とのズレがなく約定し、スリッページを防げる仕組みになっているんです。

ですので、先ほど表でお見せした狭いスプレッド以外に、スリッページのような隠れた取引コストもないため、デイトレードにおいて有利な環境でのトレードができるようになっています。

以上、スプレッドとスリッページを合わせた視点で比較すると、XMのKIWAMI極口座よりもExnessプロ口座の方が明らかに優れ、利益が多く残るようになっているわけです。

ボーナス〜XMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座を比較〜

続いては海外FX業者の強みでもある「ボーナス」を比較していきたいと思います。

率直に申し上げますと、Exnessはすべての口座タイプにおいて、ボーナスが一切ありません。

つまり、そんなExnessのプロ口座では、海外FX業者でよくある、新規で登録した際にもらえる「口座開設ボーナス」はもちろん、資金の入金時にもらえる「入金ボーナス」も何もないということです。

対してXMは「口座開設ボーナスの3,000円」と入金額の100%がボーナスとして付与される「入金ボーナス」があるので、ボーナスが欲しいデイトレーダーにとってはXMの方が有利かもしれません。

ただ、XMのKIWAMI極口座は『例外』で「入金ボーナス」を受け取ることができないルールがあります。

また、他の海外FX業者には無い、XM独自のボーナス制度である『XMポイント』に関しても、このKIWAMI極口座では対象外となっているのが実情です。

そのため、XMのKIWAMI極口座で得られるボーナスは、新たにXMに登録した際にもらえる「口座開設ボーナスの3,000円」のみとなっています。

以上、ボーナス事情の比較をまとめると、下記のようになりました。

  Exness
プロ口座
XM
KIWAMI極口座
ボーナス 一切なし 新規でXMに登録する際にもらえる「口座開設ボーナス3,000円」

この3,000円の口座開設ボーナスがどうしても欲しいという場合であれば、Exnessのプロ口座よりもXMのKIWAMI極口座が有利とは思います。

ただ、過去にXMでKIWAMI極口座ではない「スタンダード口座」「ゼロ口座」などを、すでに開設したことがある場合、新たにKIWAMI極口座を開設しても「口座開設ボーナス3,000円」は残念ながら貰えないのでご注意ください。

レバレッジ〜XMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座を比較〜

続いてのレバレッジは、大きいほどロットを上げてトレードを行えるため、利益率を高めやすくなる指針として挙げられる観点です。

そんなレバレッジは、

・XMのKIWAMI極口座は1,000倍
・Exnessのプロ口座は2,000倍(条件次第で無制限)

となっており、約2倍の差があります。

ただ、どちらも口座の資金によってレバレッジ制限が発生するため、注意が必要です。

以下、口座の資金に対応したレバレッジの制限をまとめた表になります。

まずはExnessのプロ口座です。

有効証拠金(USD=ドル表記) 利用可能となる最大レバレッジ
0~999 2,000倍
条件によって無制限
>条件の解説記事
1,000~4,999 2,000倍
5,000~29,999 1,000倍
30,000~ 500倍

続いて以下は、XMのKIWAMI極口座のレバレッジ制限表になります。

有効証拠金(USD=ドル表記) 利用可能となる最大レバレッジ
~20,000 1,000倍
20,001~100,000 200倍
100,001~ 100倍

以上、XMのKIWAMI極口座とExnessプロ口座のレバレッジ制限を、表形式でまとめました。

口座資金が20,000ドルを超えるとKIWAMI口座は一気に200倍までレバレッジが下げられてしまいますが、Exnessプロ口座の方は30,000ドルの口座資金を超えても500倍のレバレッジが使えるほど有利な側面があります。

以上、レバレッジ制限が発生する以前の最大レバレッジでは、

・XMのKIWAMI極口座は1,000倍
・Exnessのプロ口座は2,000倍(条件次第で無制限)

という2倍の差があり、口座の資金が大きくなった際における最終的に制限された上でのレバレッジは、

・XMのKIWAMI極口座は100倍
・Exnessのプロ口座は500倍

と、約5倍もの差を付けてExnessプロ口座の方が優れているわけです。

ロスカット〜XMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座を比較〜

大災害や政治要素で稀に突発的に起こる異常な値動きでは、各FX業者が定める強制ロスカットの水準に引っかかり、持っていたポジションを強制的に損切りさせられる可能性があります。

そんな強制ロスカットの水準は低いほど、強制ロスカットが発動される可能性が下がるので有利に働くことがあるわけです。

その上で強制ロスカットの水準をExnessのプロ口座、XMのKIWAMI極口座で比べると、以下のようになります。

  Exness
プロ口座
XM
KIWAMI極口座
強制ロスカット水準 証拠金維持率0%
=口座資金が0になるまで
証拠金維持率20%

上記のように、20%の差があるため、大災害をはじめ、万一の突発的な値動きで強制ロスカットされてしまう可能性はXMが提供しているKIWAMI極口座の方が高く、Exnessプロ口座よりも不利な印象があります。

ロットを上げられることで高まる利益率

ここまで説明した「レバレッジ」と「強制ロスカット水準」ですが、レバレッジが高く強制ロスカット水準が低いほど、損失に耐えられるため、大きなロットでの取引が可能です。

たとえ同じトレード手法であっても、耐えられる損失額が大きいほどロットを上げられ、ロットを上げる分だけ利益率が高まるメリットがあります。

つまり、XMのKIWAMI極口座よりも「高いレバレッジ」「低い強制ロスカット水準」であるExnessプロ口座の方が、同じトレード手法でも得られる利益率は大きくなるというわけです。

両建て〜XMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座を比較〜

普段から両建てをしないトレード手法の場合、もしかすると関係のない話と感じられてしまうかもしれません。

しかし、複数の口座で別のトレード手法を並行して取り組む際に、両建てをしていないものの、意図せずにFX業者側の両建てルールを破ってしまうことで利益の出金ができなくなるなど、重大な問題になる場合があります。

具体的な例では、

・口座Aではスキャルピング手法でドル円をロング
・口座Bではデイトレード手法でドル円をショート

など、別の手法に取り組んでいた際に両建てを目的としていないにも関わらず、結果として意図せずに両建てしてしまい、FX業者側のルールを破ってしまう・・・ということが意外に少なくありません。

そして、意図的か意図せずかに関係なく、ルールを破ってしまえば、利益の出金ができないなどの「ペナルティ」が課される可能性もあります。

そのため、両建てをしていない場合でも、両建てに関する比較/解説も引き続きお読み頂ければ幸いです。

まずXMのKIWAMI極口座ですが、両建ては同一口座内に限り許可されています。

その他、XM内の別口座、別のFX業者を使って、同じ通貨ペアを一方では「買い」もう一方では「売り」のような両建ての形を取ることはできません。

複数のKIWAMI極口座を開設し、その口座での両建てはできませんし、KIWAMI極口座と有名どころの海外FX業者『GemForex』との両建ても不可能です。

ですので、XMのKIWAMI極口座を使う場合、他の口座、他の業者で利用する口座で、偶然にも

・KIWAMI口座ではスキャルピング手法でドル円をロング
・別の口座ではデイトレード手法でドル円をショート

などのポジションを結果的に持ってしまうと、XMの両建てルールを破ってしまいます。

そのため、XMのKIWAMI極口座を使う上で、別のトレード手法に取り組む際、または新たなトレード手法のフォワードテストを別の口座で行う際には、同じ通貨ペアで結果的に両建てにならないようにご注意ください。

このデメリットとしては、結果的に両建て担ってしまう場合、どちらか一方の口座ではトレードを回避しなければならないため、その分だけ利益を取り逃し、長期的に見れば利益の大幅な減少に繋がることです。

ちなみに、同じ通貨ペアで、両方ともロング、もしくは両方ともショートという場合は問題ありません。

そんな両建てルールが厳しいXMに対して、Exness(エクスネス)の場合は、Exness内に開設する複数の口座間での両建ては特に問題ありません。

例えば、

Exnessのプロ口座でドル円をロング
Exnessのスタンダード口座でドル円をショート

でも問題ないですし、

Exnessのプロ口座Aでドル円をロング
Exnessのプロ口座Bでドル円をショート

してもOKです。

ですので、Exness内に複数の口座を開設しても、意図せずに両建てになってしまう心配は要りません。

つまりExnessのプロ口座では、先ほど挙げたXMの場合に有り得るような、結果的に両建てなるパターンを避けるため、どちら一方ではトレードを回避し、利益を取り逃すデメリットが無いというわけです。

また、Exness(エクスネス)は他のFX業者間での両建ても容認しています。

そのため、Exnessのプロ口座と、他業者間での両建てを許可している別のFX業者と、並行して別の手法でトレードをしても、意図せず両建てになることを心配をする必要がありません。

以上、両建てに関して容認しているExnessプロ口座の方が、別の手法を別口座で並行して取り組む際に利益を取り逃すことが無いため、有利だと私は思います。

まとめ〜XMのKIWAMI極口座とExnessプロ口座の比較〜

以上、この記事ではXMのKIWAMI極口座とExnessのプロ口座に関して比較させて頂きました。

各項目の比較した結果が下記になります。

  • スプレッド→Exnessプロ口座の方が多くの通貨ペアで狭いスプレッドを提供
  • ボーナス→Exnessプロ口座はボーナスが一切ないものの、XMのKIWAMI極口座は新規の場合で口座開設ボーナス3,000円がもらえる
  • レバレッジ→Exnessプロ口座の方がXMのKIWAMI極口座に比べて2倍以上、さらにレバレッジ制限がかかっても、最終的にExnessプロ口座は500倍もある(XMのKIWAMI極口座は100倍まで制限される)
  • 強制ロスカット水準→証拠金維持率20%のXMに対して、Exnessは証拠金維持率0%(証拠金が0円になるまで)
  • 両建て事情→XMは複数の口座間での両建てが禁止されていることに対し、Exnessプロ口座は両建てが容認されているので使い勝手が良い

以上に加えて、スプレッドを比較した際にお伝えしたように、XMのKIWAMI極口座では「隠れた取引コスト」としてスリッページがあります。

そのため、KIWAMI極口座も相応の低スプレッドを提供しているものの、スリッページによって別の取引コストが発生する場合があり、長期的になるほど、利益を削ってしまう大きな致命点があるわけです。

対してExnessのプロ口座はスリッページが完全に発生しない『Instant Execution(即時約定)』という方式を採用しているため、

・ドル円0.6pips
・ポンド円1.3pips
・ゴールド1.25pips

をはじめとする、低スプレッドのみが取引コストとなります。

以上、ここまでの内容を総合し、XMが新たに打ち出した『KIWAMI極口座』よりも、『Exnessのプロ口座』の方が上位互換になっており、デイトレーダーに強く推奨していた次第です。

ぜひ参考した上で、下記の公式サイトからExnessのプロ口座を開設を検討してみてください。

Exness(エクスネス)>Exnessプロ口座の開設はこちらの公式サイトから<

XM>XMが提供するKIWAMI極口座の詳細はこちら<

>ブログの目次はこちらから

>【一度で約100pips】戻り高値を使ったFXの逆張りデイトレード手法

>極小の含み損。キリ番を使った『逆張り』デイトレ手法をオシレーター無しで実演。

>資金1万から500万に少額から一気に増やしたデイトレ手法の解説

>FXのデイトレはローソク足の「途中/確定」どちらでエントリーすべきか

元手、資金0から専業デイトレーダーを目指す企画

杉原です。

今回は少額資金ではなく、元手/資金が「0」から完全なノーリスクで専業デイトレーダーを目指す事をテーマに記事を行っていきます。

その上でまず、文字とおり、トレードに使える資金が0円であっても問題ないです。

また、決して何かを不用品を売ったり、副業を行ってトレード資金を稼ぎましょう・・・などもございません。

要するに、完全に「リスクなし」で取り組める企画なわけです。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ1.口座開設ボーナスの獲得

当然ながら、銘柄を売買する上で、トレードには資金が欠かせません。

ただ、口座開設時に貰える「口座開設ボーナス(未入金ボーナス)」を使えば、自分自身でトレード資金をわざわざ用意する必要がないんです。

ですので、初めはこの「口座開設ボーナス(未入金ボーナス)」を使って、文字とおり「0」から資金を増やしていく流れになります。

ただ、口座開設時に貰える未入金ボーナスは、どの業者でも実施しているサービスではありません。

むしろ、実施している業者はほぼ皆無です。

そして、そんな口座開設ボーナスを使う際にはロット制限がされる業者もあるため、口座開設ボーナスを使って自由にトレードさせてくれる業者はさらに少なくなっています。

その上で、

・高額な口座開設ボーナスを貰える
・そのボーナスを自由に使える

という条件を満たす業者が、下記の2業者です。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

IS6FX>IS6FXの公式サイトはこちら<

これらの業者は、高額な口座開設ボーナスを提供してくれているため、このボーナスだけでも複利運用していくことで、0から資金を大きく増やしていくことも不可能ではありません。

以下、GemForexとIS6FXの口座開設ボーナスについての関連記事も用意していますので、必要に応じてご覧になってみてください。

ただし、両者とも10万単位のような資金を貰えるわけではありません。

そのため、複数の業者で貰うと良いので、1社にこだわらず、2社で並行した方が望ましいわけです。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ2.口座開設ボーナスを使ってFXのデイトレを開始

ここまでの流れでは、

・GemForex
・IS6FX

という2社で口座開設ボーナスを獲得することができるようになりました。

ただ、いくら無料でFXのデイトレ資金を手にしたと言っても、肝心のデイトレード手法が疎かでは意味がありません。

せっかく獲得したボーナスをすべて溶かしてしまう恐れもあるからです。

そこで、私が実際に公開しているFXのデイトレ手法に関して、一部、エントリーと決済の条件まで細かく解説した記事を用意していました。

実際に高い利益率を出せているFXのデイトレ手法ですので、参考にして頂ければ幸いです。

ただ、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使う際には、出金するとボーナス分がなくなってしまう点にご注意ください。

仮に2万円の口座開設ボーナスを使って5万円になり、その時点で全額出金すると、利益の3万円は引き出せるものの、ボーナス分の2万円は「消滅」してしまうんです。

ですので、このように出金の処理をするとボーナス分がなくなるので、ある程度の額まで増やしてから引き出すべきとなります。

しかし、前述のとおり、10万単位ほどの口座開設ボーナスを貰えるわけではありません。

そのため、口座開設ボーナスで貰った資金をコツコツ0から複利運用で増やしていく必要があるわけです。

ですが、そこにほんの一手間を加える事によって、使える資金の増加率を劇的に高める方法があります。

それが、次項で解説する入金ボーナスです。

次項で触れる入金ボーナスは、先ほど紹介した「GemForex」「IS6FX」の両者とも完備している仕組みになります。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ3.入金ボーナスを併用して資金を一気に増加させる

仮に1万円の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使い、それを10万円まで増やしたとします。

その際、前述のとおり、出金すればボーナス分の1万円は「消滅」してしまうのでご注意ください。

ですが一度、その全額の出金を行えば、ボーナス分を差し引いた差額「9万円」を現金で手にすることができます。

その上で、入金額の100%を追加でトレード資金に加えてくれる『入金ボーナス』を活用する事により、トレード資金を即座に2倍へと増やせるわけです。

今の例で言えば、手元には口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使って元手/資金0から稼いだ「9万円」があります。

その出金した9万円を入金し、入金100%ボーナスを貰う事により、資金は2倍の「18万」へと一気に増加するわけです。

仮に、出金せずに「10万」のままトレードを行う場合と、このように一度あえて出金した上で入金ボーナスを頂く事で「18万」に資金を増やす場合とでは、明らかに後者の方がロット数を高められるので得られる利益が大きくなる事は間違いありません。

ただし、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)と同様に、この入金ボーナスも、出金処理をしてしまえば、受け取ったボーナス分は消滅してしまうのでご注意ください。

今回の例で言えば、9万円の入金によって入金額に対して100%のボーナスである9万円が、入金ボーナスとして貰えました。

そのため、18万になったトレード資金で複利運用を行い、22万程度で出金処理をしてしまうのは非常に「勿体ない」わけです。

ですので、最低でも約2倍の40万程に増やしてから出金する事をおすすめしていました。

今回の例の場合、9万が入金ボーナスなので、残り約30万は利益になり、手元に現金として引き出す事ができます。

ここまでの流れは、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使って資金を増やした後は、一度あえて出金し、その利益を入金して入金100%ボーナスの仕組みを使って資金を2倍に増やしました。

その後、複利運用を続け、およそ30万程の現金を手にするという流れでした。

その上で次項では、まとまった数十万の資金をどう扱っていくかを解説させて頂きます。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ4.2パターンで資金を劇的に増やす

最後のステップは、

1.このまま出金と入金ボーナスを繰り返す
2.最上級のトレード環境が整っている業者に移って利益率を高める

という2パターンがあります。

1つ目は、先ほど解説していた、出金して入金ボーナスを貰って資金を2倍にし、それを複利運用で増やしていくパターン。

次いで2つ目は、ここまで使ってきた、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)や入金ボーナスを貰える「GemForex」「IS6FX」から資金をすべて出金し、より口座スペックが高い業者へと全資金を移していく方針です。

ブログで掲載していた私やクライアントの実績は、1日あたり10%以上の平均的な利益率ですが、これらの実績は、「GemForex」「IS6FX」よりも優れた口座スペックである「Exness」で、

・無制限のレバレッジ
・証拠金維持率0%の強制ロスカット水準
・極めて狭いスプレッド

などのトレード環境によって、

・ロット数の引き上げ
・低スプレッドによる利幅の向上

があるからこその利益率にほかなりません。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

実際のところ、「GemForex」「IS6FX」では、

・レバレッジの高さ
・強制ロスカット水準の低さ

がExnessに比べて劣るため、同じFXのデイトレ手法であっても、ロットを上げられないというのが実情です。

加えて、スプレッドの狭さもExnessと比較して劣ってしまうので、トレードごとに得られる利幅も小さくなります。

その上で利益は『利幅×ロット数』なので、GemForexやIS6FXは、同じFXのデイトレ手法を取り組んでも、Exnessの場合に比べて利益率が低下してしまうわけです。

ですので、1日あたりの利益率が大きいほど、日々得られる利益に大きさ差が生じる事も考慮し、

・口座開設ボーナス(未入金ボーナス)
・入金100%ボーナス

を利用して、まとまった資金の獲得が完了したのであれば、私的にはExnessに移行する事を推奨していました。

後は、望むだけの金額まで複利運用で増やし、そこからは単利運用に切り替えるなど、目的に見合ったスタイルで取り組んで頂ければと思います。

総括~元手、資金0から専業デイトレーダーを目指す企画~

以上、今回の記事は、完全に元手/資金が0円の状態から、ノーリスクで専業デイトレーダーを目指して頂く流れを解説させて頂きました。

その流れが、以下、4つのステップになります。

  • 1.口座開設ボーナスの獲得
  • 2.口座開設ボーナスを使ってFXのデイトレを開始
  • 3.入金ボーナスを併用して資金を一気に増加させる
  • 4.2パターンで資金を劇的に増やす

今回の記事内で紹介したボーナスを貰える口座は、下記の「GemForex」「IS6FX」でした。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

IS6FX>IS6FXの公式サイトはこちら<

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)は期間が限られているため、貰える内に口座開設を行ってしまうことを勧めていました。

また、最後に紹介したExnessは、ボーナスがないものの、レバレッジやスプレッドを含めたスペックはどの業者にも負けないものを提供してくれています。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

その上で、資金0から稼いでいくために欠かせない肝心のデイトレ手法は、下記の記事を紹介させて頂きました。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

杉原。

>ブログの目次はこちらから

GemForexのスワップポイントを付与時間とあわせて解説

杉原です。

GemForexでは10,000円以上の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)や入金100%ボーナスが貰える点から、当ブログからも多くのトレーダーに利用されている海外FX業者になっています。

そんな破格なボーナスを使い、自身のトレード資金をほぼ使わず、スワップポイントで稼ぐというスタイルも決して不可能ではありません。

そこで今回は、GemForexにおけるスワップポイントの一覧と、そのスワップポイントがいつ付与されるのかという時間/タイミング、スワップポイントが3倍になる「お得」なタイミングや、そのほかの注意すべき点も踏まえ、を解説させて頂きたいと思います。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

スワップポイントは「プラス」で貰えるだけではなく、逆に「マイナス」で支払うケースもあります。

そのため、FXのデイトレードではなく日をまたぐスイングトレードなどの場合、マイナスのスワップポイントで利益が「削られる」という可能性が否めません。

もしデイトレードのように1日でトレードを完結しないスイングトレードのような場合、できる限りマイナスのスワップポイントは避けた方が利益が多く残るので、その辺りのスワップポイント事情にも注目頂けると幸いです。

GemForexのスワップポイント一覧

まずはGemForexにおけるスワップポイントの一覧を表形式で紹介していきます。

スワップポイントは「ロング」「ショート」の場合で貰える、もしくは支払う額が異なるので注意が必要です。

下表では、1ロット(10万通貨)における、ロング/ショートのスワップポイントをabc順で同時に掲載しています。

銘柄
通貨ペア
ロング ショート
ASXAUD -0.92000 (約-85円/日) -0.56000 (約-52円/日)
AUDCAD -4.64000 (約-474円/日) -2.64000 (約-270円/日)
AUDCHF -1.20000 (約-162円/日) -4.30000 (約-579円/日)
AUDJPY -2.46000 (約-246円/日) -2.90000 (約-290円/日)
AUDNZD -3.70000 (約-314円/日) -2.12000 (約-180円/日)
AUDUSD -2.10000 (約-275円/日) -1.50000 (約-196円/日)
BRTGBP -1.59000 (約-259円/日) -4.59000 (約-748円/日)
BRTUSD 0.00000 (約0円/日) 0.00000 (約0円/日)
CACEUR -0.54000 (約-74円/日) -0.51000 (約-70円/日)
CADJPY -2.65000 (約-265円/日) -4.70000 (約-470円/日)
CHFJPY -7.53000 (約-753円/日) -3.33000 (約-333円/日)
DAXEUR -1.27000 (約-175円/日) -1.17000 (約-161円/日)
DOWUSD -2.90000 (約-380円/日) -2.70000 (約-353円/日)
ESXEUR -0.54000 (約-74円/日) -0.42000 (約-58円/日)
EURAUD -6.99000 (約-650円/日) -2.52000 (約-234円/日)
EURCAD -9.25000 (約-945円/日) -2.05000 (約-209円/日)
EURCHF -3.69000 (約-497円/日) -4.79000 (約-645円/日)
EURGBP -5.40000 (約-880円/日) 1.01000 (約165円/日)
EURJPY -4.64000 (約-464円/日) -1.77000 (約-177円/日)
EURNZD -10.66000 (約-905円/日) -1.77000 (約-150円/日)
EURUSD -4.19000 (約-548円/日) -0.42000 (約-55円/日)
EURZAR -465.48000 (約-3,799円/日) 107.51000 (約877円/日)
FTXGBP -0.75000 (約-122円/日) -0.47000 (約-77円/日)
GBPAUD -6.73000 (約-625円/日) -8.53000 (約-793円/日)
GBPCAD -6.88000 (約-703円/日) -7.18000 (約-733円/日)
GBPCHF -0.77000 (約-104円/日) -7.20000 (約-969円/日)
GBPJPY 0.88000 (約88円/日) -6.65000 (約-665円/日)
GBPNZD -11.87000 (約-1,008円/日) -4.22000 (約-358円/日)
GBPUSD -0.87000 (約-114円/日) -3.85000 (約-504円/日)
HSXHKD -1.77000 (約-30円/日) -1.89000 (約-32円/日)
JPXJPY -1.94000 (約-2円/日) -2.04000 (約-2円/日)
NASUSD -1.32000 (約-173円/日) -1.32000 (約-173円/日)
NZDJPY -0.90000 (約-90円/日) -3.76000 (約-376円/日)
NZDUSD -1.99000 (約-260円/日) -1.72000 (約-225円/日)
S&PUSD -0.44000 (約-58円/日) -0.33000 (約-43円/日)
USDCAD -2.79000 (約-285円/日) -2.41000 (約-246円/日)
USDCHF 0.31000 (約42円/日) -4.58000 (約-617円/日)
USDCNH -106.18000 (約-2,087円/日) -1.33000 (約-26円/日)
USDHKD -43.07000 (約-718円/日) -45.38000 (約-757円/日)
USDJPY 0.21000 (約21円/日) 0.28000 (約28円/日)
USDMXN -466.45000 (約-2,985円/日) 87.39000 (約559円/日)
USDSGD -8.26000 (約-780円/日) -7.87000 (約-743円/日)
USDTRY -618.57000 (約-619円/日) 128.67000 (約129円/日)
USDZAR -32.55000 (約-2,656円/日) 12.51000 (約1,021円/日)
WTIUSD -1.31000 (約-171円/日) -4.32000 (約-565円/日)
XAGUSD -1.11000 (約-726円/日) -0.60000 (約-393円/日)
XAUUSD -3.95000 (約-517円/日) -2.11000 (約-276円/日)
ZARJPY -2.30000 (約-230円/日) -2.30000 (約-230円/日)

GemForexにおけるスワップポイントの計算方法

先ほどのスワップポイント一覧表では、スワップポイントとあわせて、貰える/支払う金額を「円」で表示していました。

実際のところ、スワップポイントは円とは異なるため、円建ての口座である場合には貰える(もしくは支払う)スワップポイントは、円に換算しなければなりません。

そんなスワップポイントの円換算における計算式が、

100,000 × 最小ポイント数 × 金利率 × 換算レート × 通貨数量(ロット数)

になります。

仮にドル円(USD/JPY)を1ロット分ロングした際

最小ポイント数:0.00001
金利率(スワップポイント):0.21
換算レート:110円
通貨数量(ロット数):1ロット

となるため、

100,000 × 0.00001 × 0.21 × 110 × 1 = 約 23.1円

が、1日あたりに貰える金額です。

最小ポイントは基本的に変わることはありませんが、換算レートは日々変動しますし、時期によって金利率(スワップポイント)も若干ですが変わるためご注意ください。

GemForexにおけるスワップポイントの付与時間/タイミング

業者によって、このスワップポイントが付与される時間帯やタイミングは異なりますが、GemForexの場合は、

・冬時間:7:00(日本時間)
・夏時間:6:00(日本時間)

と定められています。

そのため、スワップポイントを貰いたい場合に、上記の時間帯になる前に決済してしまうと、一切スワップポイントが発生しませんのでご注意ください。

逆に、先ほど掲載したスワップポイント一覧の表にあるとおり、マイナスのスワップポイントとなっている通貨ペアも少なくありません。

そんなマイナスのスワップポイントである通貨ペアの場合、スワップポイントを支払う必要があります。

そのため、そのような通貨ペアをトレードする場合には、あえてスワップポイントが付与される、

・冬時間:7:00(日本時間)
・夏時間:6:00(日本時間)

の「前」に決済をして、マイナスのスワップポイントが発生するのを「防ぐ」という戦略もおすすめです。

スワップポイントが3倍になる「お得」なタイミング

GemForexでは、通常のスワップポイントが3倍になるタイミングがあります。

それが「毎週金曜日」です。

他社にもスワップポイントが倍増するタイミングがあり、基本的に水曜日が多い傾向にあるものの、GemForexは金曜となっています。

ただ、貰えるスワップポイントが3倍になるということは、逆にマイナスのスワップポイント、支払い分も同じく3倍になるということです。

そのため、先ほど挙げた表をご確認頂いた上で、スワップポイントがプラスかマイナスかを把握しておくようご注意ください。

GemForexにおけるスワップポイントの注意点

スワップポイントに関連し、GemForexにおける細かな注意点が少しありましたので、簡単に説明させて頂きたいと思います。

両建て時の注意

両建てによってスワップポイントを貯めていくという戦略が一般的ですが、そのためにはGemForexにおける「両建てルール」に沿った取引をする必要があります。

基本的にGemForexでは「同一口座の両建て」のみを容認しており、そのほか、

・複数口座での両建て
・他社間を利用した両建て

などは堅く禁止されているのでご注意ください。

要するに、両建てでスワップポイントを稼いでいく場合には、GemForexでは「同一口座による両建て」のみが対象だということです。

稼いだスワップポイントを出金する条件

スワップポイントは毎日発生していくものの、その都度、自由に引き出せるわけではありません。

貯まったスワップポイントを出金する場合には、そのポジションを「決済」することが条件となっています。

スワップポイントを発生させていたポジションを決済することで、はじめてスワップポイントで得られた利益を引き落とせるというわけです。

スワップポイントの変動に注意

各業者、スワップポイントは定期的に見直されており、GemForexも例外ではありません。

そのため、今までは「プラス」だったスワップポイントが突如「マイナス」に変わる可能性もあるためご注意ください。

以上から、スワップポイントで稼ぐ場合には、1,2週間に一度は最新のスワップポイントを確認した方が無難です。

GemForexにおける最新のスワップポイントは、下記の公式サイトでご覧頂けます。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

ロット数の注意点

GemForexではサーバー負荷を懸念し、非常に大きなロットでトレードを行う際には、サポート側に「事前連絡」が必要となっています。

このルールは、スワップポイントを狙うトレードでも変わりません。

そのため、ロット数を上げて貰えるスワップポイントを大きくしたい場合、そのロット数によっては、GemForex側に事前連絡が必要になる可能性があるのでご注意ください。

そんなGemForexにおけるロット数を含む、各注意点は下記の記事で詳細を解説していますので、必要に応じてご覧頂ければと思います。

>GemForexは危険?気を付けるべき「注意点」を細かく解説。

>破ると出金拒否される?GemForexの禁止事項についての解説

総括。GemForexにおけるスワップポイント一覧と付与タイミング、注意点。

以上、今回はGemForexでスワップポイントを狙う場合に役立つ、

・スワップポイントの一覧表
・付与時間/付与タイミング
・スワップポイント関連の注意点

を解説させて頂きました。

以下、GemForex関連の記事を用意していますので、参考にしてみてください。

【関連記事】

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

GemForexの両建ては禁止か?6つの両建て手法に分けて容認事情を解説。

杉原です。

この記事ではGemForexの両建て事情に関して、6つの両建て手法ごとに、禁止または容認かを細かく解説していきたいと思います。

まず、以下が海外FX業者を利用した両建ての基本的な手法です。

  • 同一の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 複数の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 他社の口座間での両建て(異なる業者)
  • 複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
  • 重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

また、上記に加えGemForexでは、

・万単位の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)
・100%入金ボーナス

などのボーナスが貰えるため、

「ボーナスを利用した両建て」

も可能です。

以上の6つが、GemForexで実質的に取り組める両建て手法となっています。

ただ、GemForexにおいて、すべての両建てが容認されているわけではありません。

容認されている両建てもあれば、逆に禁止されているものもあるわけです。

そんな禁止されている両建てをしてしまうと、

・出金拒否
・口座凍結

という事態になりかねません。

そのため、GemForexで両建てを行う際には、どんな両建て手法が禁止になっているかを明確に把握する必要があるということです。

では早速、それぞれの両建て手法における、GemForexの禁止または容認の事情を見ていきましょう。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

同一の口座間で両建て(同じ業者内)

同じ口座内での両建ては特にGemForexで禁止はされていません。

たとえば、

・ユーロドル(EUR/USD)を1ロット分ロング
・ユーロドル(EUR/USD)を1ロット分ショート

などのような注文を、「同一口座」の中で行う事は容認されているということです。

複数の口座間で両建て(同じ業者内)

今触れた「同一の口座間で両建て」ではなく、GemForex内で別の口座を利用した両建ては「禁止」されています。

GemForexは1つのアカウントで複数の口座を開設することができるので、そんな複数の口座を使い、

・A口座ではポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ロング
・B口座ではポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ショート

などの両建てをすることが実質的に可能です。

ですが、このように複数の口座間での両建ては、GemForexでは禁止事項となっているためご注意ください。

異なるトレード手法を別口座で取り組む際に、意図せずに、この両建てに該当してしまう可能性が考えられるので、特に注意が必要です。

また、今はポンドドル(GBP/USD)同士のトレードを例にしましたが、相関関係が強い通貨ペア同士の両建ても同様に禁止となっています。

たとえば、

・ポンドオージー(GBP/AUD)
・ユーロオージー(EUR/AUD)

など相関関係が強いもの同士も、両建てとGemForex側から判断される可能性があるので注意が必要となっています。

他社の口座間での両建て(異なる業者)

これは、

・GemForexの口座でユーロドル(EUR/USD)を1ロット分ロング
・XMの口座でユーロドル(EUR/USD)を1ロット分ショート

のように、GemForexとXMなどの「別のFX業者」を介した両建て手法になります。

この両建て手法も、GemForexでは厳格に禁止されているので注意が必要です。

業者ごとにスプレッドやレバレッジなどの取引環境が大きく異なるため、業者別に手法や通貨ペアを分けてトレードを行うトレーダーも少なくありません。

そのような場合、両建てをする意図がなくても、

「気付けば両建てになっていた」

ということに繋がる可能性があるので十分にご注意ください。

私が今も使い続けているExnessでは、ここで挙げた「他社間の両建て」を容認しています。

ただ、Exness側が容認していても、GemForex側が禁止していれば、GemForexの「口座凍結」「出金拒否」に繋がりかねません。

ですので、「他社間の両建て」を容認している業者であっても、どちらか一方がGemForexのように禁止している場合にはできませんのでご注意ください。

Exnessは大抵の両建てが容認されているため、両建てに特化してトレードしたい場合にも推奨したい業者の1つです。

以下にExnessの両建てに関する詳細をまとめましたので、必要に応じて参照頂ければと思います。

>Exnessでは両建て禁止?必要証拠金を0にする方法や注意点を解説

複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)

これは、GemForex内、もしくは今挙げたGemForexと他社を介しての両建てを問わず、複数人のグループで行う両建てで、明確に禁止されています。

例として、

・AさんがGemForexでポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ロング
・BさんがGemForexでポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ショート

または、

・AさんがGemForexでポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ロング
・BさんがXMでポンドドル(GBP/USD)を1ロット分ショート

のように、意図的に行う両建てを行い、一方はゼロカットで強制ロスカットされても、もう一方は利益を伸ばし大きく勝つような手法を指します。

別の人同士でも、同じタイミングでのエントリーが続いている場合、GemForex側が怪しいと判断し事情を探り、この両建て手法に該当する場合には「口座凍結」「出金拒否」になるわけです。

GemForex内はもちろん、他社間であっても、業者同士の繋がりで両建てしているかどうかは容易にバレてしまう傾向にあるので、過去に多くのトレーダーがこの両建て手法で「口座凍結」「出金拒否」のようなペナルティを追っていました。

重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

アメリカ雇用統計のような大きな値動きに繋がる経済指標を狙い、GemForex内、もしくは他社間で行う両建てもGemForexでは禁止されています。

ボーナスを利用した両建て(同じ業者または異なる業者)

特にGemForexは、

・万単位の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)
・入金100%ボーナス

など「破格」なボーナスを提供しています。

そんなボーナスをゼロカット目的で悪用する両建ても、GemForexでは禁止事項の1つです。

これは、GemForex内での両建てはもちろん、XMなど他社間の両建てでも同様に禁止されています。

ボーナス自体は実質「無料」「タダ」であるため、リスクなしでゼロカットを悪用して両建てする行為は明確に禁止されているわけです。

【まとめ】GemForexの両建て禁止/容認の事情

以上、この記事ではGemForexにおける両建ての容認事情に関して解説させて頂きました。

以下、

〇が容認
×が禁止

としてGemForexの両建て事情を表形式でまとめます。

両建て手法 GemForexの容認事情
同一の口座間で両建て
(同じ業者内)
複数の口座間で両建て
(同じ業者内)
×
他社の口座間での両建て
(異なる業者)
×
複数人のグループによる両建て
(同じ業者または異なる業者)
×
重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て
(同じ業者または異なる業者)
×
ボーナスを利用した両建て
(同じ業者または異なる業者)
×

以上、GemForexでは「同一口座内の両建て」以外は、すべての両建て手法が「禁止」になっています。

一方、Exnessでは、上記6つの両建て手法がすべて「容認」されているため、両建てで稼ぎたいトレーダーにとっては非常に優良なトレード環境が整っているのでおすすめです。

そんなExnessの両建て事情は下記の記事で詳しく解説していますので、興味がありましたらあわせてご覧になってみてください。

>Exnessでは両建て禁止?必要証拠金を0にする方法や注意点を解説

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

>破産注意。FXのデイトレでコツコツドカンをやって負ける原因と対策。

>最低限負けない。勝てるFXのデイトレード手法、ロジックの「最低ライン」について。

>この時間帯のみでも十分。FXのデイトレードで利益率と勝率が高い時間帯とは。

>少額でも儲かる。FXのデイトレードに適した取引口座のスペック。

>本当にポンド円?デイトレに適したFX通貨ぺアの特徴と上位6つを紹介

ビットコインなどの仮想通貨をExnessでトレードする条件と注意点(取引可能な時間/レバレッジ/ロスカット水準)

杉原です。

今回は海外FX業者であるExnessで、大きな値動きが魅力である「ビットコイン」を筆頭とする仮想通貨のFX取引に関しての、

・取引が可能な時間
・レバレッジ
・強制ロスカットの条件
・スプレッドや手数料
・スワップポイント

などをはじめ、トレードの利益にそのまま直結する取引条件を、注意点を交えながら解説させて頂きます。

これらを中心とする細かな取引条件を見落としたままビットコインなど仮想通貨をトレードすると、知らず知らずの内に利益を減らしてしまう恐れがあるため、ぜひ当記事の内容を参考にして頂ければ幸いです。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

Exnessでビットコインなどの仮想通貨が取引可能となる時間

まず率直に申し上げますと、平日のみが取引可能な時間帯であるドル円(USD/JPY)などの為替通貨ペアなどとは異なり、Exnessではビットコインなどの仮想通貨は平日だけではなく土日祝日も関係なく24時間無休でトレードが可能となっています。

要するに、ビットコインをはじめとする仮想通貨の市場は、コンビニのように365日/24時間休みがないわけです。

また、為替通貨ペアであれば、平日であってもクリスマスなどの世界的にも大規模なイベント時には相場は「休み」になるため、トレードすることができません。

対してExnessにおけるビットコインなど仮想通貨では、基本的に24時間365日いつでもトレードが可能です。

そのため、平日は夜中でも忙しく、為替通貨ペアなどのFXトレードがあまりできないという場合でも、土日や祝日にもビットコインなど仮想通貨は取引可能ですので、稼ぐチャンスが十分にあると思います。

ただし、Exnessのメンテンス時には、ビットコインなど仮想通貨をはじめ、すべての銘柄においてトレードができないのでご注意ください。

今挙げたメンテナンス作業時にトレードができないという事情は、何もExnessだけに限った事ではありません。

どのFX業者でもメンテナンス作業は存在し、その際にはトレードが停止になっています。

ただ、Exnessをはじめ、どの業者でも事前にメールなどでメンテナンス作業のアナウンスが入るため、いつメンテナンス作業によってトレードができなくなるかの把握が可能です。

実際のところ、メンテナンス作業は取引が少ない時間帯であったり、そもそも短時間で終わる作業でもあるので、ビットコインなど仮想通貨のトレードに対し、それほど大きな支障はないとは思います。

以上、Exnessにおけビットコインなど仮想通貨はメンテナンス作業時を除く、24時間365日トレードが可能な時間帯となっているという話でした。

Exnessのビットコインなど仮想通貨の最大レバレッジ事情

トレードの利益を大きく左右する「ロット数」をどれくらい上げられるかに直結する「レバレッジ」ですが、これは仮想通貨の銘柄によっても異なります。

以下が、Exnessにおける仮想通貨の最大レバレッジに関する表です。

仮想通貨の銘柄 最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH) 400倍
リップル(XRP)/ライトコイン(LTC)/ビットコインキャッシュ(BCH) 200倍
そのほかの仮想通貨 20倍

ご覧のとおり、Exnessのビットコインなど仮想通貨は、為替通貨ペアやゴールド(XAU/USD)などのように、Exnessの強みである「無制限」や「2000倍」のようなレバレッジを使えるわけではありません。

ビットコインやイーサリアムのような、ある程度の流通量がある仮想通貨に関しては400倍となっており、ほかの業者と比較しても大きなレバレッジと言えると思います。

その反面、リップルをはじめ、そのほかの仮想通貨は低いレバレッジと言わざるを得ません。

これは、そのほかの仮想通貨はビットコインやイーサリアムと比較しても流通量が少なく、値動きが異常に荒い事により、トレーダーの損失額大きくなる傾向から、あえて低いレバレッジ設定によりトレーダーの資金を守るための施策だと思います。

とは言え、仮想通貨は大抵の場合、安定さを考慮した上でトレード対象となる銘柄は、

・ビットコイン
・イーサリアム

となると思いますので、この2つが400倍のレバレッジでトレードが可能なだけでも十分かと感じた次第です。

Exnessのビットコインなど仮想通貨における強制ロスカットの条件

レバレッジと絡めて、強制ロスカットの条件も、どのくらいロット数を上げてトレードができるかという重要な指針になります。

Exnessにおけるビットコインなど仮想通貨の、そんな強制ロスカットの条件は為替通貨ペアやゴールドなどと変わらず、証拠金維持率0%です。

大抵の業者が証拠金維持率20%や50%となっている中、Exnessは証拠金維持率0%となっているため、ハイレバレッジと合わせてロット数を上げてトレードができるので、大きな利益を得やすい傾向にあります。

スプレッドや手数料

続いては、トレードにおける利益を左右するスプレッドや手数料に関して、ビットコインとイーサリアムを例にして紹介いたします。

前述のとおり、そのほかの仮想通貨は極端に流通量が少ないため、トレード対象としてはあまり向いていません。

そのため、ビットコインとイーサリアム以外は割愛させて頂く事をご了承ください。

スタンダード プロ ロースプレッド ゼロ
ビットコイン/米ドル
BTCUSD
521.4 325.9 205.8

$7.0
205.9

$7.0
イーサリアム/米ドル
ETHUSD
48.2 30.1 16.5

$1.0
18.4

$0.8

手数料に関しては$表記でエントリーと決済の「往復分」を示しております。

このスプレッドや手数料に関しては、どの海外FX業者でも同様に、仮想通貨の専門であるBybitなどと比較すると、どうしても劣っていると言わざるを得ません。

ただ、先ほど挙げた「レバレッジ」「ロスカット水準」に関して、Exnessでは、

・最大400倍のレバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

という大きなメリットがあり、これはBybitよりも非常に優れたトレード環境だと言えるので、スプレッドや手数料のデメリットを十分に補えているかと思います。

大きなメリットとなるスワップポイント

ほかの海外FX業者や、仮想通貨の専門であるBybitなどにおいても、基本的にマイナスのスワップポイントが徴収されます。

つまり、スワップポイントによってトレードの利益が削られるということです。

ですが、Exnessに関してはスワップフリー、いわゆるスワップポイントが「0」となっています。

そのため、Exnessにおいて仮想通貨をトレードしても、一切のマイナススワップが生じないため、利益が削られる事はありません。

これは、ほかの取引所と比べても非常に大きな強みだと思います。

スイングトレードなどポジション保有の時間を長く持つ場合、仮想通貨で生じるマイナススワップは非常に「痛手」となっていますので、Exnessのスワップフリーは有益なトレード環境である事は間違いありません。

為替通貨ペアだけではなく仮想通貨にも力を入れている「FXGT」では、Exnessに比べてスプレッドや手数料は低くなっているものの、基本的に4時間に1回はスワップポイントの徴収が行われ利益を削られるため、スイングトレードの場合は非常に「不利」になっていると思います。

以上、Exnessはスワップフリー=スワップポイントが「0」という大きな強みがあるため、ビットコインなど仮想通貨のポジション保有時間を長くする場合には非常に「有利」なトレード環境だというわけです。

総括~Exnessにおけるビットコインなど仮想通貨のトレード環境~

以上、今回はビットコインなど仮想通貨をExnessでトレードする場合の取引環境を、

・取引が可能な時間
・レバレッジ
・強制ロスカットの条件
・スプレッドや手数料
・スワップポイント

に分け、注意点を交えながら解説させて頂きました。

スプレッドや手数料に関しては、他社と比べて見劣りするかもしれません。

ただ、ビットコインとイーサリアムに関しては最大レバレッジ400倍で証拠金維持率0%のロスカット水準となっているため、ロット数を上げてトレードし、大きな利益の獲得ができる余地が十分にあります。

何より、

・メンテナンス作業時を除く24時間365日トレードが可能
・スワップポイントが「0」=スワップフリー

という大きなメリットがあるため、スプレッドや手数料のデメリットを十分に補えると感じている次第です。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

【関連記事】

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>破格。GemForex「万単位」の口座開設ボーナスと入金ボーナスに関して詳しく解説。

>無制限のレバレッジ。最推奨のFX業者「Exness」の本音レビュー。

>【図解】水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

【節税対策】Exnessで「法人口座」を開設する方法と条件の解説まとめ

杉原です。

「分離課税」である日本のFX業者と比べ、海外FX業者でトレードを行う場合は「累進課税」であるため、稼げば稼ぐ程に払うべき税金が増える事は避けられません。

実際、私がFXのデイトレ手法を継承した方々の中にも、私がExnessを推奨していることもあり、法人口座にグレードアップしたいという方も増えてきていました。

そこで今回は、私がFXのデイトレードをする上で利用し、最も推奨している海外FX業者の「Exness」にて、節税目的で「法人口座」を開設する方法や注意点を解説させて頂きたいと思います。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

Exnessで法人口座を開設して節税する方法

法人口座であれば、個人口座に比べて経費申請をできる項目が増えるため、それなりの「節税」に効果があります。

そのため、法人口座でトレードの利益を計上していくことが、そのまま節税へと直結するわけです。

その上で、Exnessで法人口座を作るには、Exness側から「個別対応」して頂かなければなりません。

大抵のトレーダーが個人口座である事もあり、一般向けに募集はしていないからです。

そんなExnessにおける法人口座ですが、開設にあたり「条件」が存在しているので、まずは条件の詳細から解説していきたいと思います。

Exnessの法人口座を開設するための「条件」と「手順」

まず、法人用のトレード口座をExnessで開設するには、以下3つの条件が「必須」です。

  • 条件1.すでに通常の個人口座を開設した上でトレードを行っている事
  • 条件2.Exnessプレミアに加入済みである事
  • 条件3.必要書類の提出を英語で行う事

では、1つずつ上記の条件を詳しく掘り下げていきます。

今から解説していく「条件1と2」が揃い次第、Exnessのサポートに、

「法人口座を開設したい」

という旨をメールで伝えると、Exness側から法人口座の開設する案内が返信で届くようになっています。

その際、3つ目の条件に関して、最新の必要書類や提出方法を教示頂けるはずです。

条件1.すでに通常の個人口座を開設した上でトレードを行っている事

Exnessに存在する、

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

の内、いずれかで構いませんので、通常の個人口座でトレードを行った実績が必要となります。

要するに、最初に作る口座が法人口座ではNGだということです。

条件2.Exnessプレミアに加入済みである事

2つ目はExnessプレミアに加入している事が必須の条件です。

このExnessプレミアは、相応の取引量がある顧客に対しての会員サービスで、誰でも入会ができるわけではありません。

少なくとも、5,000万ドル(=500ロット)以上の取引量が必要であるため、条件1で開設した個人口座で数回だけトレードしても法人口座を開設することができないわけです。

ですが、

・確固たるトレード手法を持っている
・それなりの資金力がある

という事であれば、それほど高いハードルではありません。

有効性の高いトレード手法があれば、複利運用でロット数を上げていくことで達成が十分に可能だからです。

条件3.必要書類の提出を英語で行う事

こちらは若干ですが、ハードルが高い条件かもしれません。

法人口座を開設するに際して、約20種類ほど必要な書類があり、それらを英語表記で提出する必要があるからです。

そんな必要な書類ですが、

条件1.すでに通常の個人口座を開設した上でトレードを行っている事
条件2.Exnessプレミアムに加入済みである事

をクリアした後、Exnessのサポートに

「法人口座を開設したい」

という旨をメールで伝えることによって、現時点で必要な書類と提出方法を教えてくれます。

その上で基本的に、まずは法人としての必要書類を英文に翻訳し、翻訳した書類を外務省に『アポスティーユ』を依頼しなければなりません。

アポスティーユは、日本の官公署や自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明の事を指します。

このアポスティーユ認証を取得する事によって、法人関連の公文書を提出先の国家で使用することが可能となるわけです。

ちなみに、このアポスティーユの申請に関する手続きは、外務省でなければできません。

また、書類を揃えた上で代理人に申請を依頼すると、30万ほどの経費が発生するためご注意ください。

この作業はコツコツ取り組むと余計に経費が発生するので、一気に片付けた方が効率的です。

Exnessで法人口座を開設する上で、そのほかの注意点

手順や条件はここまで触れたとおりで、基本的にExnessのサポートが出す個別の指示にしたがっていけば問題ありません。

法人の中身によって、必要な書類などが若干異なってくるため、完全に個人対応となっているということです。

その上で注意して頂きたいのは、

法人口座の開設まで「約6か月前後」の期間が必要

という点です。

マネーロンダリングなどを防止するために、審査事項が非常に多くなっているため、約6か月ほどの期間を要するわけです。

こればかりは、法人口座の開設にあたって避けては通れません。

ですので、もし法人口座で節税を行いたい場合には、なるべく早めに申請を出す方が良いと思います。

まとめ~節税対策でExnessの「法人口座」を開設する方法と条件の解説~

以上、今回はExnessで法人口座を作る「条件」「手順」について解説させて頂きました。

そんな法人口座を開設する上での条件としては、下記の3つが挙げられます。

  • 条件1.すでに通常の個人口座を開設した上でトレードを行っている事
  • 条件2.Exnessプレミアに加入済みである事
  • 条件3.必要書類の提出を英語で行う事

その上で手順としては、条件1と2をクリアした段階で、Exnessのサポートに法人口座を開設したい旨をメールで伝える流れになります。

その後、法人の内容/中身によって必要な書類などの教示を含め、Exnessから個別対応で法人口座の開設までをサポートして頂けるわけです。

ただ、マネーロンダリング防止の観点から、審査事項が非常に多く、法人口座の開設まで6か月程の期間が必要なので、その点だけはご注意ください。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

>破格。GemForex「万単位」の口座開設ボーナスと入金ボーナスに関して詳しく解説。

>無制限のレバレッジ。最推奨のFX業者「Exness」の本音レビュー。

>【図解】水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

Exnessでは両建て禁止?必要証拠金を0にする方法や注意点を解説

杉原です。

今回は、私が最も推奨している海外FX業者である「Exness」における、『両建て』に関する制限やルールなどの注意点、必要な証拠金を0にする方法もあわせて解説していきます。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

トレードで勝っても、

・出金拒否される
・口座凍結される

などの事態にならないよう、当記事を参考にして頂ければ幸いです。

Exnessの両建ては容認されている

まず、以下が海外FX業者を利用した両建ての基本的な手法です。

  • 同一の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 複数の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 他社の口座間での両建て(異なる業者)
  • 複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
  • 重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

その上で、ほぼ大半の海外FX業者で禁止されている両建ての手法が、

複数の口座間で両建て(同じ業者内)
他社の口座間での両建て(異なる業者)
複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

になります。

上記のような両建ては、海外FX業者に通常備わっている「ゼロカット」や「高いレバレッジ」の仕組みを利用し、

・口座Aではロング
・口座Bではショート

というポジションを持ち(両建て)、どちらかの口座ではゼロカット、もう一方では大きな利益を得て、合算して利益の方を多くしていけるわけです。

そもそもゼロカットは業者側が追証を負担する仕組みですので、無駄にゼロカットが頻発する事により、業者側の経費的な負担が大きくなります。

そのような事情から、ほぼ大半の海外FX業者が、

複数の口座間で両建て(同じ業者内)
他社の口座間での両建て(異なる業者)
複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

を禁止しているわけです。

ですが、実際のところ、Exnessでは「すべての両建て」が容認されています。

そのため、Exnessに備わっている、

・無制限の最大レバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

を利用し、

・口座Aではロング
・口座Bではショート

のような方法で、ゼロカットを使って利益を上げる事も不可能ではありません。

ただ、両建てではない通常のトレードのおける「Exnessの禁止事項」は、両建てにも当然ながら適用されるため、ご注意ください。

そんなExnessにおける基本的な禁止事項は、

・ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード
・自己アフィリエイトによる意図的なトレード

のみで、秒単位のスキャルピングも容認されているなど、基本的に寛容です。

ですが、上記に挙げた「ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード」は知らず知らずの内に、悪意なく該当してしまうケースがあるかもしれません。

その際、場合によっては出金拒否や口座凍結の恐れがあるため、詳細を解説した下記の記事を参照し、上記の禁止事項に該当しないようにご注意頂ければ幸いです。

>Exnessの禁止事項~口座凍結/出金拒否を避けるための注意点~

ただ、上記のような禁止事項に触れない限り、Exnessにおいては、同一口座内の両建てはもちろん、

複数の口座間で両建て(同じ業者内)
他社の口座間での両建て(異なる業者)
複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

もすべて容認されているため、口座の凍結や出金拒否に至る事はありません。

その上で続いては、Exnessにおける両建ての方法について解説させて頂きます。

Exnessでの両建ての方法/やり方

では、ここからはExnessにおける

・同じ口座内での両建て
・Exness内の別口座を使った両建て
・他社の口座とExnessの口座を使った両建て

に関して、注意点を含む両建ての方法を解説させて頂きます。

同じ口座内での両建て

これは1つの口座内で同じ銘柄の、

ロングポジション
ショートポジション

を持つやり方です。

たとえば、

・ポンド円(GBP/JPY)を1ロット分ロング
・ポンド円(GBP/JPY)を1ロット分ショート

します。

その際、ロングとショートのポジションが「同じ量」であれば、必要証拠金が0になる事が、この同一口座内で行う両建ての大きなメリットにほかなりません。

両建て以外のトレードであれば、トレードするロット数に応じて必要証拠金が発生するものの、同じ口座内で「同じロット数」を両建てする場合には、必要証拠金が0になるわけです。

ですので、含み損が膨らんだ際にこの両建て方法で損失を固定すれば、両建て分の、

・ロングポジション
・ショートポジション

における必要証拠金が0になることで新たにエントリーが可能になります。

そして、証拠金がフリーになることで新たにエントリーし、固定した損失分(含み損)を取り返した後で、両建てしたポジションを解消すれば最初の含み損が「チャラ」になるということです。

このように、

・同じロット数
・同じ口座内

の両建てによって、上記のように生じた含み損を解消していくという手法ができる業者はそう多くはありません。

大抵の場合、必要証拠金が0にはならない傾向にあるからです。

この手法を使う際の注意点としては、必ず、

・ロングとショートのポジションは同じロット数
・同一の口座内で両建てを行う

ということが挙げられます。

たとえば、

・ポンド円のロングを1ロット
・ポンド円のショートを2ロット

でエントリーしてしまうと、「同じロット数」ではないため、必要証拠金が0にはなりません。

この場合、ショートポジションが1ロット分「あまる」ので、ポンド円1ロット分の必要証拠金が必要になるわけです。

また、別口座で両建てをした場合には、ロング/ショートの両方分が必要な証拠金となってしまうのでご注意ください。

Exness内の別口座を使った両建て

Exnessでは1つのアカウントでいくつも口座を開設することが可能です。

その上で、Exness内に開設した複数の口座で、

・A口座にてポンド円を1ロット分ロング
・B口座にてポンド円を1ロット分ショート

という両建てを行う事もできます。

そのため、Exnessのゼロカットを利用し、

・A口座のロングポジションでゼロカットされる
・B口座のショートポジションで利益を出す

という流れで、利益を稼ぎ出す方法も可能なわけです。

ですが、この別口座の両建てでは、先ほど解説した「必要証拠金が0になる」という恩恵は受けられません。

要するに、エントリーしたポジション分だけ、証拠金が必要になるということです。

ですので、この両建て手法を行う際には、ロング/ショート双方の証拠金が必要になるため、両建てではない通常のエントリーより倍の証拠金が必要になるのでご注意ください。

他社の口座とExnessの口座を使った両建て

こちらの両建て手法は、

・Exnessの口座でポンド円を1ロット分ロング
・Exnessではない業者の口座でポンド円を1ロット分ショート

のように、別な業者同士で両建てを行う方法になります。

こちらも、先ほどの「Exness内の別口座を使った両建て」と同様に、ゼロカットを利用し、

・Exnessのロングポジションでゼロカットされる
・Exnessではない業者ののショートポジションで利益を出す

などのような取引が可能です。

ですが、両建て分の証拠金が必要になるのでご注意ください。

また、そのほか、重要な注意点としては、

「両建てを行うExnessではない方の業者も、他社との両建てを容認している必要がある」

という点です。

ですので、Exnessではない方の業者が「他社間の両建て」を禁止していれば、この方法で両建てを行うことにより、その業者で「出金拒否」「口座凍結」になる恐れがあります。

要するに、いくらExnessで他社間の両建てを容認していても、両建てを行う「もう一方の業者」でも他社間の両建てを認めていなければ、この方法は使えないということです。

基本的に、大半の海外FX業者は他社間の両建てを容認されていません。

一方、Exnessと同様に他社を介しての両建てを認めている業者は、

・AXIORY
・Titan
・Tradeview

があり、Exnessと他社の両建てを行う際には、上記の業者と両建てを行う必要があります。

ただ、Titanにおいては、

「ゼロカットを利用した両建ては禁止」

となっているため、おすすめはできません。

また、Tradeviewは最大レバレッジが100倍、ロスカット水準が証拠金維持率100%となっており、

・無制限の最大レバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

であるExnessと比べ、トレード環境が「劣悪」と言えるため、Titan同様、あまり推奨ができないというのが実情です。

ですので、Exnessと他社間の両建てを行う際には、

・400倍のレバレッジ
・証拠金維持率20%のロスカット水準

であるAXIORYが最も推奨ができる業者になりますので、参考にして頂ければと思います。

総括。Exnessの両建てに関する注意点や方法。

以上、今回はExnessにおける両建てに関して、注意点を踏まえて細かな方法を解説させて頂きました。

Exnessでは両建てはすべて容認されており、下記のような両建て手法も自由に取り組む事が可能です。

  • 同一の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 複数の口座間で両建て(同じ業者内)
  • 他社の口座間での両建て(異なる業者)
  • 複数人のグループによる両建て(同じ業者または異なる業者)
  • 重要な経済指標の大きな値動きを狙った両建て(同じ業者または異なる業者)

その上で、同じ口座内の両建てでは、「同じロット数」であれば必要証拠金が0になるというメリットがありました。

また、海外FX業者では非常に珍しく、他社間の両建てもExnessでは容認されているのは大きな魅力かと思います。

ただ、その両建てでは、もう一方の業者も他社間の両建てを認めている必要があるのでご注意ください。

別業者の両建てを行う際には、相応のトレード環境を有しながらもExnessと同様に他社を介した両建てを許可している「AXIORY」がおすすめです。

そんなExnessですが、さまざまな関連記事を用意していますので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

【関連記事】

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

>破格。GemForex「万単位」の口座開設ボーナスと入金ボーナスに関して詳しく解説。

>【図解】水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

「ステマ?」Exnessに対する世間の口コミ/評判と真相

杉原です。

今回はExnessに対して、世間のトレーダーが下している評価や評判、口コミを紹介しつつ、その「真相」について掘り下げて解説させて頂きたいと思います。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

私自身、Exnessを愛用し、FXのデイトレードで高い利益率を出すためには最も推奨していた業者が、このExnessでした。

ただ、ネット上の口コミや評判では、Exnessに関して「良い声」「悪い声」も多々あり、読者さんの中には、

「Exnessに興味はあるが、迷っている」

という方々からの相談が定期的に頂いた事もあり、この度、「真相」を追求したいと考えた次第です。

では早速いってみましょう。

Exnessの入金に関する口コミ/評判

まずは、トレードを介する前に欠かせない「入金」に関しての評判、口コミとそれに対しての見解に触れていきます。

bitwallet入金が一瞬で反映されるので、他者の資金移動にも使えるし、チャンスを逃さないので便利

最低の入金額が1,000円程度なので有難い!!

結局、エクスネスで振り込みID間違えただけで入金されず2週間以上が経過。

クレカ入金拒否されるエクスネス、、

Exnessでは現状、下記のような入金方法があります。

  • 銀行送金
  • Bitwallet
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • SticPay
  • Perfect Money
  • Webmoney

クレジットカードでの入金が「拒否」されたという声がありますが、クレジットカードの「ブランド」に問題があった可能性があります。

現状、日本在住の顧客に関しては、「JCB」のみが、入金が可能なカードのブランドになっており、

・VISA
・Amex

など、そのほかのブランドは入金ができません。

Exnessは2020年頃から本格的に日本人向けのサービスを開始しているため、それが影響しているからだと思われます。

ただ、Exnessは2008年から運営している老舗であり、元々、他国の顧客に対しては「VISA」「Amex」も入金ができるため、日本人の顧客に対しても、いずれ改善される問題だと感じていました。

また、そもそもExnessでは公式ページで、日本人顧客は「JCB」しか今のところは入金ができない旨を隠さず公開しています。

以上から、ネット上での、

「クレジットカード入金が通らない」

という評判/口コミは、

・いずれ改善される余地がある
・そもそも隠さずに公式サイト上で明かしている

などの点を踏まえて、決して問題になるようなことではないと思いました。

何より、VISAやAmexを入金に使いたい場合、これらのカードから「bitwallet」に入金し、そのbitwalletからExnessへと入金すれば問題ありません。

また、現状ではPerfect Moneyを除くすべての入金がスタンダード口座において最低10ドルとなっているので、

・無制限のレバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

を活かし、少額からロット数を上げて一気に利益を得ていくことも不可能ではありません。

Exnessの出金に関する口コミ/評判

入金に続いては、利益を引き出す最終的な「出金」に関しての評判を挙げていきます。

いまだにExnessに出金拒否について聞かれる方がたまにいます。

Bitwalletを例に挙げれば、Exnessでは出金額に関係なく週末にも夜にも出金できます。

金額が大きいからといって、出金審査を経るのではなく、自動的に処理されます。

何千万円か出金の方々がすでに大勢います。

ビットコイン出金10分で完了した!早すぎる!

Exnessに限らず、海外FX業者の場合、日本の銀行に出金する場合、海外経由である事から相応の手数料(数千円)が発生します。

そのため、どの業者を利用する場合でも、bitwalletに出金し、そのbitwalletから日本の銀行に出金する流れが一般的です。

bitwalletから日本の銀行に出金する際には、基本的に1,000円未満の手数料で済むので、多くのトレーダーがこのような流れをとっています。

ただ、業者によっては、

「bitwalletへの出金は、入金額以上は認めない」

という場合も少なくありません。

要するに、10万円を入金して、利益が100万になっても、bitwalletに出金が可能な額は「10万まで」ということです。

有名どころの「XM」がこのような仕様になっており、入金額以上の利益(上記例で言えば90万)は、銀行送金という形に「強制的」になってしまいます。

その上で銀行への出金は、前述のとおり、相応の手数料が発生するため、「不便」と言わざるを得ません。

その反面、Exnessでは1つ目の口コミにあるとおり、bitwalletへの出金額に限度はなく、入金額以上の利益分も出金が可能です。

そして、bitwalletから銀行へと出金すれば、1,000円程度の手数料で済むため、非常に「有利」というのが客観的な視点で見た実情かと思います。

また、仮想通貨など、多彩な出金方法があるため、仮想通貨をトレード対象にしている場合、非常に便利です。

Exnessのレバレッジと強制ロスカットに関しての口コミ/評判

続いては、Exnessにおける最大の強みである、

・最大無制限のレバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

に関しての声をまとめてみました。

レバレッジ無制限とかいう頭おかしいことやってるんで、登録してみた!

1万円以内でおもしろい使い方できるんではないかな

ハイレバ2000倍で強制ロスカットが0%やし、exnessは今のところ気に入ってるぞ

昨日exnessでレバ無制限の口座を作ってみた。

5万円でポンド円100万通貨とか取り引きできる

自分は50万通貨でも危うくゼロカ寸前だったけど、なにしろ下手ですから

有効証拠金が1000ドル超えると2000倍(充分すげぇけど)になるので5万円出金した

これで100%負けはない ちまちまやってみよ

あれ?エクスネスって指標前はレバ下がるのね。

てゆーかエクスネスって雇用統計時レバ何倍までさがんの?

全然ポジション持てない!

Exnessは

・最大無制限のレバレッジ
・証拠金維持率0%のロスカット水準

であり、「物理的」に他社が追い付けないレベルのサービスを提供しています。

そのため、多くのトレーダーが基本的にレバレッジとロスカット水準に関して評価しているものの、

「指標前後に発生するレバレッジ制限」

については否定的な方があるようです。

ちなみにレバレッジ制限が発生するケースはすべての指標ではありません。

目安としては、Webサイト『経済指標カレンダー』における★4つ以上の指標がレバレッジ制限の対象となっている傾向にあり、重要度の高いものだけというのが実情です。

ただ、このレバレッジ制限に関してはExnessの公式サイトにも明記されているもので、これは本来、トレーダーの「利益」を守るための施策にほかなりません。

そもそも雇用統計をはじめ、重要度の高い指標が発表される際には、値動きが荒く、テクニカル分析が効きにくくなります。

そのため、値動きが大きい分だけ利益が大きな利益を取れる可能性があるものの、同じくらい大きな損失に至る可能性も否めません。

動きに荒さがある分、すぐにロスカットに引っかかりやすくなり、勝敗は五分と言ったところです。

ですので、指標時のトレードは「ギャンブル」と言っても過言ではありません。

そんなギャンブルのような相場状況において、大きなロット数でトレードを行い、大切なトレード資金を減らさないためにも、Exnessの指標発表時におけるレバレッジ制限は「有効性」がある施策だと私は思います。

現に勝ち残っているトレーダーは、雇用統計など重要度の高い指標の前後には手を出さずに静観している場合が多いです。

実際、私のデイトレード手法では、重要度の高い指標の前後は絶対に手を出さないという「回避ルール」を設けており、それにより大きく勝率や利益率を上げる事ができていました。

Exnessの顧客対応に関する口コミ/評判

レバレッジに続いては、顧客への対応に関してです。

Exness口座開設したけど、本人確認と住所確認の書類出したらすぐOKの返事きた。

ありがたいんだけど、日曜は休んでもええんやで

サポートさん、めちゃ対応早いな~~~

実際のところ、口座開設のスピードは相当な早さだと思います。

書類の提出と言っても、郵送ではなくネット上で写真をアップロードするだけなので、その日の内から口座開設が可能です。

入金に関しても、bitwalletをはじめ入金が即座に反映されるため、口座開設から実際のトレードも当日中に行う事も不可能ではありません。

また、在中の日本人スタッフによるメールサポートはもちろん、チャット形式の「ライブサポート」も充実しており、特にExnessのトレードに関して不便を感じる事はないと思います。

Exnessのスワップポイントに関する口コミ/評判

続いては、ポジションを保有したまま日をまたいだ際に発生する「スワップポイント」に関してです。

デイトレの自分としてはスワップがかなり重要で、ドル円ロングはこの業者、ショートはこの業者って感じで使い分けるのが当たり前なんだけど、スワップフリーのエクスネスを使い出して全然気にならなくなった

エクスネスのスワップフリー神すぎる

ExnessはBTCとゴールドのスワップかからないから本当助かる…ちょっと前までは無知でExnessを信用してなくて資金入れてなかったけど今は惜しみなく入れてる。

他だと1日4回とか手数料取られてストレスだったので

BTCやりならexnessでやった方が良いやん。
税率一緒やし。スワップ取られないし。

Exnessの場合、FXのデイトレードで人気のゴールド(金)やビットコインに関して、スワップポイントなし=スワップフリーとなっています。

対して、大抵の業者はマイナスのスワップポイントとなっており、毎日、トレーダーの利益を削っているわけです。

ですがExnessでは、スワップポイントが0であるため、スイングトレードでも利益が削られず「不利」になる事がありません。

私自身、FXのデイトレードが主体のスタイルなので、特にスワップポイントは気にしていませんでしたが、スイングトレードはもちろん、ポジション保有を長く持つタイプのトレーダーにとっては非常に有難いメリットだと思いました。

Exnessにおける「原資抜き」に関する口コミ/評判

最後に番外編として、ポジション保有中でも、

・口座間の資金移動
・出金

が可能なExnessのメリットに関して触れたいと思います。

エクスネスは原資抜きできるから気持ちにすごい余裕あるな

原資10万円から1ロットでスタートして、3万くらいプラスになったら11万抜いて、プラス1万確定した状態でトレードできるのがすごい

あとは含み益がどこまでいったら利確するかを決めるだけだから自分が良いと思うところまで持ってられる

エクスネス、ポジったまま原資抜きできるとのことでやってみた。

これで死んでも困らないと言うことね。

大抵の海外FX業者の場合、ポジション保有中における資金の移動はもちろん、出金が禁止されている場合が多々あります。

対してExnessの場合、前述のとおり、ポジション保有中であっても、自由に資金の移動や出金が可能です。

ですので、どうしても即座に出金したい事情がある場合にも対応ができるという大きなメリットになっています。

Exnessの口コミ/評判に関する総括

以上、今回はExnessに関して、良い面/悪い面の双方から口コミや評判をまとめつつ、見解を述べさせて頂きました。

一部、

・JCB以外のクレジットカードで入金ができない
・指標時のレバレッジ制限がある

などの否定的な声もありましたが実際のところ、Exnessに関する致命的な悪評は特に見られません。

そもそも上記の否定意見に関して、私としては下記のような見解を持っています。

  • ・クレジットカードの入金ができない
    →改善の余地がある
    →VISAやAmexを使いたい場合は、それらのカードでbitwalletに入金→bitwalletからExnessに入金すれば良いだけ
  • ・指標時のレバレッジ制限がある
    →本来は顧客の資金を守るための施策
    →そもそも指標時のトレードはギャンブルなので辞めた方が良い

以上のようにとらえられるため、私としては、それほど問題点ではないと感じている次第です。

そんなExnessに関しての最新情報は、下記の公式サイトからご覧頂けます。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

また、Exnessの関連記事もいくつか用意していますので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>破格。GemForex「万単位」の口座開設ボーナスと入金ボーナスに関して詳しく解説。

>無制限のレバレッジ。最推奨のFX業者「Exness」の本音レビュー。

>水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

>リスクリワード1:2~3。窓埋め後を狙った高勝率のデイトレ手法。

Exnessの最大ロット数と最大ポジション数の制限や注意点を解説

杉原です。

今回は私自身も愛用しているExnessにおける「最大ロット数」「最大ポジション数」について注意点を踏まえ解説させて頂きます。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

Exnessは最大レバレッジが無制限、ロスカット水準が証拠金維持率0%ということもあり、ロットを大きくしたFXのデイトレードで利益率を高めやすい業者です。

ただ、多くのFX業者では、

「最大ロット数」
「最大ポジション数」

に制限があり、稼ぎに「限界」が生じてしまう事が避けられません。

そこで今回は、Exnessでのトレード利益をより高めるべく、「最大ロット数」「最大ポジション数」に関して解説させて頂きたいと思います。

Exnessの最大ロット数に生じる「制限」

1ショット(1回のトレード)において注文が可能なロット数が最大ロット数であり、Exnessの場合その数は下表のように「時間帯」で制限が生じます。

16:00~翌05:59 06:00~15:59
スタンダード口座 200ロット 20ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

表のとおり、現状では、

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

という開設が可能な全口座タイプで共通し、

・06:00~15:59(主に東京市場)は最大20ロット
・16:00~翌05:59(主にロンドン市場とニューヨーク市場)は最大200ロット

と、時間帯によって制限数が決まっています。

日中は1ショットあたり20ロットが限度なので、東京市場で活動するようなトレーダーによっては、若干、物足りなさを感じるかもしれません。

その反面、「稼ぎ時」でもある夕方~深夜に関しては、200ロットまで制限が引き上げられているため、それほど不便さは感じないと私は思います。

私自身は、下記の記事でも紹介しているとおり、しっかりと値動きが出るロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯(21時頃~翌2時頃)のみでFXのデイトレードを行っているため、特に困った事はありませんでした。

>1日10%台の利益率を出しているFXのデイトレードについて

ちなみに、幾ら証拠金が潤沢にあり、ここで触れた最大ロット数以上の注文をできるからと言っても、制限以上の注文はとおりませんのでご注意ください。

ただ、ここで挙げたExnessのロット制限は、1ショット=1回のエントリーあたりの制限になります。

そのため、複数回に分けてエントリーすれば、制限されたロット数以上のポジション数を持つことが可能です。

時間帯の切り替え時における注意点

先ほど挙げたとおり、6:00になると、それまでは最大200ロット数の発注が可能だったものの、20ロットまで制限が発生します。

ただ、6:00になる前に20ロット以上を発注してしまえば、6:00~15:59まで生じる最大20ロットという制限により強制ロスカットされる事はありません。

あくまでも、Exnessにおけるロット制限は、新規のエントリーをする際の時間によって適用されるものだからです。

ですので、仮に5:59に200ロットのエントリーをしても、6:00になったからと言って20ロットを引いた180ロットが強制ロスカットされる事はないので、ご安心ください。

最少ロット数

最大ロット数に対する「最小」のロット数に関しても触れておきたいと思います。

口座タイプ 最少ロット数
スタンダード口座 0.01ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

表のとおり、開設が可能な口座タイプすべてにおいて、一律して0.01ロットとなっています。

1ロットが10万通貨になるため、1,000通貨単位から細かな発注ができるということです。

Exnessにおける最大ポジション数の制限に関して

まず前提として、最大ポジション数は1口座あたりの総ポジション数であり、

・ユーロドル(EUR/USD)を1ロットでロング
・ポンドドル(GBP/USD)を5ロットでロング

した場合には、ポジション数は「2」ということになります。

このようにポジション数は、先ほど触れた最大ロット数とは関係がありません。

その上で、下表に示すような最大ポジション数を超えてエントリーすることはできないのでご注意ください。

MT4 MT5
スタンダード口座 1,000 無制限
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

以上のように、Exnessでは「MT4」「MT5」で制限数が異なります。

1,000もあれば基本的には十分ですが、さらに高い利益を求める場合、最大ポジション数が無制限であるMT5の選択が必要です。

まだ通っていない注文について

成行とは別に、指値注文を出す際には、まだ約定しなくとも、指値で発注した時点でポジション数にカウントされるのでご注意ください。

約定の有無は関係がなく、「発注したかどうか」が、ポジション数の数え方になるということです。

最大ポジション数の制限は1アカウントでの適用か?

MT4を使用する場合に生じる、1,000ポジションという制限は、アカウント単位ではありません。

あくまでも1口座あたりの制限になるからです。

ですので、

「MT5では使えないインジケーターがあるので、どうしてもMT4を使いたい」

という場合、複数のMT4口座を開設すれば、最大ポジション数の制限をクリアすることができます。

2つのMT4口座であれば、最大2,000、3つ開設すれば3,000のように、口座数に比例して保有ができる最大ポジション数が増えるわけです。

Exnessは、いくつも口座を開設することができます。

下記に、追加口座の開設に関する詳細や手順をまとめた記事がありますので、必要に応じて参照なさってください。

(ちなみに、異常な個数の口座を開設することが可能です。。。)

>最大1,000以上?Exnessにて追加で複数の口座開設を行う方法の図解

まとめ~Exnessの最大ロット数と最大ポジション数の制限や注意点~

以上、今回はExnessにおける、

・最大ロット数
・最大ポジション数

に関しての注意点や詳細を解説させて頂きました。

改めて総括しますと、下記のようになります。

Exnessの最大ロット数
16:00~翌05:59 06:00~15:59
スタンダード口座 200ロット 20ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座
Exnessの最大ポジション数
MT4 MT5
スタンダード口座 1,000 無制限
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

以上のように、口座タイプに関わらず、最大ロット数は時間帯によって制限されています。

対して最大ポジション数の制限は、どの口座タイプであろうとも、開設時に選択した、

・MT4
・MT5

のいずれかによって発生する仕組みです。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

下記にExness関連の記事を用意していますので、興味があるものをあわせてご覧になってみてください。

【Exness関連の記事】

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

>リスクリワード1:2~3。窓埋め後を狙った高勝率のデイトレ手法。

>高勝率の「窓埋め」を利用した『鉄板』のデイトレード手法

>コツコツドカンの逆トレードについて。勝率とリスクリワードの関係から解説。

>破産注意。FXのデイトレでコツコツドカンをやって負ける原因と対策。

Exnessの禁止事項~口座凍結/出金拒否を避けるための注意点~

杉原です。

今回は私が使っている業者であり、デイトレードの実践において最も推奨している「Exness」に関しての、

・口座凍結
・出金拒否

などを回避するための注意点を踏まえた、Exness独自の「禁止事項」「ルール」を細かく解説させて頂きます。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

Exnessは無制限のレバレッジが使える上に、証拠金維持率0%のロスカット水準、狭いスプレッドがあるため、少額からでもFXのデイトレードで大きな利益を出せる傾向がある業者です。

ですが、せっかくトレードで勝って稼いだ利益も、Exnessの禁止事項に触れてしまい、口座凍結や出金拒否をされてしまえば意味がありません。

そこで今回は、稼いだ利益を無事に引き出すためにも、Exnessの触れてはいけない禁止事項を細かく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合い頂ければと思います。

Exnessで禁止されている2つの事

Exnessでは、下記2つが全面的に禁止事項として設定されています。

  • ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード
  • 自己アフィリエイトによる意図的なトレード

では、1つずつ掘り下げて解説させて頂きます。

ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード

この禁止事項となっているトレードは、トレーダーの注文を処理するExness側のサーバーにネットワーク上のエラーが生じた際の取引を指します。

サーバーのエラーが発生すると、データ処理の「遅延」が影響して「最新のレート(価格)」が表示されず、実際のレートよりも安く表示される事があるわけです。

そんな安く表示されたレートで買い注文(ロング)を出せば、実際のレートよりも安く買えているため、簡単に利益が出てしまいます。

このような、Exness側のサーバーエラーに「便乗」したトレードが禁止されているということです。

今挙げた例は、実際のレートよりも「安く」なっているパターンでしたが、逆に「高く」表示され、売り注文(ショート)を出して利益を上げる事も同様に禁止事項となっています。

ただ実際のところ、このようなネットワークエラーやレート表示の遅延が重なることで、トレーダーが知らず知らずの内に、この禁止事項に引っかかるケースはほぼ有り得ません。

サーバーの障害が発生した際には、大抵の場合、発注アプリである「MT4」自体も「ネットワークエラー」となり、

サーバーに接続できません

という状況になり、そもそも注文を出す事ができないケースが大半だからです。

ですが、万が一も考慮し、ExnessのMT4でローソク足同士が大きな間隔を空けて表示されるような場合、「データ処理の遅延」が発生している可能性があるため、その時点でのトレードは避けた方が賢明だと思います。

もしかすると、その時点ではまだエントリーができてしまい、

実際のレートよりもズレた価格

で注文が通る事で、ここで挙げているExnessの禁止事項に触れてしまう恐れがあるからです。

ただ、実際に私自身、このExnessの口座を何年も利用していますが、特にこの禁止事項に触れそうになった事はありません。

その要因を私なりに考察すると、まずExnessはほかの海外FX業者とは異なり、ボーナスがない分だけ、

・スプレッドや手数料の優遇
・最大無制限のレバレッジ
・強制ロスカット水準が証拠金維持率0%

などの群を抜いた優秀なスペックに加え、

・サーバー環境の充実

にも大いに力を入れています。

他社が力を入れているボーナスは「甚大な経費」が発生してしまいますが、現状Exnessはボーナスを行っていないため、他社がボーナスに掛けているような多大な経費を、

・スプレッドや手数料の優遇
・最大無制限のレバレッジ
・強制ロスカット水準が証拠金維持率0%

や、

・サーバー環境の充実

に注力することができるわけです。

ですので、エラーが起きにくいサーバー環境や、エラーが起きた場合の代替となるサーバー環境をはじめ、サーバー周りが強固になっていると思われます。

以上の要因から、私はExnessでのレート遅延による禁止事項への抵触はあまり心配ないと考えていました。

また、ハッキング行為などを通じてExnessのサーバーを攻撃し、レート遅延によって利益を出す行為も同様に禁止されています。
意図的にサーバーのエラーを引き起こす事ができれば、いつでもレート遅延による利益を出す事ができるかもしれません。

ただ、そもそも、ハッキングをはじめサーバーを攻撃する行為そのものが、Exnessの禁止事項よりも前に「犯罪行為」として立件されると思いますので、注意が必要です。

以上、ここで挙げた、「ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード」に該当してしまうと、Exnessの禁止事項に抵触した事になり、

・口座凍結
・出金拒否

に繋がる恐れがあるのでご注意ください。

自己アフィリエイトによる意図的なトレード

続いてのExnessにおける禁止事項/ルールは、自らでアフィリエイトした上で口座開設をし、その口座でトレードを行う事です。(これが自己アフィリエイト)

Exnessでは、紹介(アフィリエイト)の制度があり、ブログやサイトを通じて紹介されたトレーダーがExnessでトレードを行うと、紹介者には報酬が与えられる仕組みになっています。

ただ、この制度を悪用し、自分で自分を紹介してExnessで口座開設を行い、その口座でトレードを行うという行為は全面的に禁止です。

この自己アフィリエイトが判明すれば、その時点でExnessの禁止事項に触れた事になり、「口座凍結」および「出金拒否」が適用されることになります。

そもそも、Exnessを自分が自分に紹介してトレードを行えば、

・トレードの利益
・アフィリエイトによる紹介の報酬

を二重に「搾取」することができてしまいます。

上記のようなトレーダーが増えれば、無駄にアフィリエイト報酬を支払うExness側に、経費の面で多大な負担になってしまうからこそ、この自己アフィリエイトは禁止されているわけです。

このように発生する余計な経費が大きくなれば、先ほど触れたような、

・スプレッドや手数料の優遇
・最大無制限のレバレッジ
・強制ロスカット水準が証拠金維持率0%
・サーバー環境の充実

への注力が疎かになってしまう可能性否めません。

そうなれば、Exnessを利用する側のトレーダーとしても「死活問題」になってしまうため、私一個人としても、この禁止事項は大いに賛成していました。

意外にもExnessで禁止されていない取引/行為

ここまでは、Exness側で禁止されているルールに関して、掘り下げて解説させて頂きました。

その上で、当記事で触れたExnessの禁止事項は、他社と比較すると非常に少ない事が特徴となっています。

現に、ほかの海外FX業者では、大半の業者が下記のような行為を禁止事項として挙げているのが実情です。

  • 大口サイズのロットでのスキャルピング
  • 窓埋めを狙ったトレード
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 重要な経済指標の発表時を狙ったトレード
  • 他社を使った両建てトレード
  • 同一業者内における別口座を使った両建てトレード
  • EAを使った高速スキャルピング

基本的にこれらは、大半の業者が「禁止事項」として挙げており、上記を行った際には「口座凍結」「出金拒否」が発生するようです。

現に、Twitterなどで稀に見かける、

「出金拒否されました!」

などを訴えている方は、上記の禁止事項に触れているケースが大半だと思います。

特に、先ほど挙げた7つの禁止事項にある、

・他社を使った両建てトレード
・同一業者内における別口座を使った両建てトレード

は、口座を分けて異なる手法に取り組む際に、知らず知らずの内に、これらの禁止事項に触れてしまうケースが少なくありません。

要するに、決して「意図的」ではなく「悪意」がないにも関わらず、別の口座同士で両建てになってしまうわけです。

また、海外FX業者は各社同士が繋がっており、業者間の別口座で、

・業者Aではロング
・業者Bではショート

をするなどして、

・一方はゼロカット
・もう一方は大きな利益

を狙うようなトレードは、すぐにバレてしまうので注意が必要になります。

まとめ。Exnessの禁止事項~口座凍結/出金拒否を避けるための注意点~

本記事では、Exnessにおいて口座凍結や出金拒否を避けるために注意すべk「禁止事項」について深堀させて頂きました。

その上で基本的にExnessでは、先ほど触れた下記のような他社が禁止事項としている行為を「容認」しています。

  • 大口サイズのロットでのスキャルピング
  • 窓埋めを狙ったトレード
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 重要な経済指標の発表時を狙ったトレード
  • 他社を使った両建てトレード
  • 同一業者内における別口座を使った両建てトレード
  • EAを使った高速スキャルピング

逆に禁止事項としているルールは、基本的に下記2点に集約されます。

1.ネットワークエラーやレートの遅延を利用したトレード
2.自己アフィリエイトによる意図的なトレード

この2点は、記事内で解説したとおり、基本的にほぼ発生することはありません。

そのため、Exnessでは意図せずに禁止事項に触れ、「口座凍結」「出金拒否」に該当することはないと考えられるので、思う存分にトレードに没頭することができる業者だと私は思います。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

以上、お読み頂きありがとうございました。

杉原。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>破格。GemForex「万単位」の口座開設ボーナスと入金ボーナスに関して詳しく解説。

>【図解】水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

>リスクリワード1:2~3。窓埋め後を狙った高勝率のデイトレ手法。

>高勝率の「窓埋め」を利用した『鉄板』のデイトレード手法

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いデイトレード手法の条件。

ページの先頭へ