杉原です。

個人が会社組織などに頼らず『自宅に居ながら自分1人でお金を稼ぐ手段』としては、数あるビジネスモデルの中でも、FXのデイトレードが群を抜いて「最上級」の在宅ワークではないかと、私はFXのデイトレードを始める以前から考えていました。

実際、私自身が専業FXデイトレーダーとなった今も、FXのデイトレードこそが「至高の在宅ワーク」だという思いに変わりはありません。

そのため、FXのデイトレードというビジネスモデル自体を、私としては、もっと多くの人に知って欲しいという思いを率直に持っていました。

そこで今回は、FXデイトレの魅力を認識することでモチベーションを上げて頂く意味でも、FXデイトレードの魅力=メリットを細かく解説していく記事になります。

今回の記事は、

・これからFXのデイトレードを始める
・FXのデイトレードについて情報収集をしている
・まだ納得いく収入をFXのデイトレで稼げていない
・もっとFXデイトレの収入を伸ばしたい

など、いずれの段階であっても、FXデイトレードの魅力を再認識することでモチベーション向上に繋がる内容になっていますので、ぜひ最後までお付き合い頂ければと思います。

FXデイトレードの魅力=メリットとは。

まずはFXのデイトレードにおける「光」の部分である、魅力(メリット)に関して解説していきます。

大きく分けて、以下の5つが私の考えるFXデイトレの魅力です。

  • 稼げる金額が青天井
  • 短期間での脱サラが可能
  • 廃れないビジネスモデル
  • 学習や準備に必要な時間が短い
  • 収益の現金化が早い

では1つずつ細かく見ていきましょう。

FXデイトレードの魅力(メリット)1.稼げる金額が青天井

FXデイトレの魅力を語る上で、まずは何と言っても「稼げる金額の大きさ」が挙げられると思います。

と言いますのもFXのデイトレードは、資金(元本、元手)が大きくなればなるほど、

・まったく同じ作業内容
・まったく同じ労力
・まったく同じ労働時間

だとしても、資金量に比例して、得られる稼ぎも大きくなっていくメリットがあるんです。

たとえば、月間の利益率いわゆる「月利」が300%であるならば、10万のトレード資金で月収30万になります。

ただ、同じ手法のまま資金を10倍の100万にすれば、前述のとおり、

・作業内容
・労力
・労働時間

などが『まったく変わらないまま』10倍の月収である300万に到達するわけです。

どんな仕事、ビジネスモデルでも、収入を増やす際には、「作業内容」「労力」「労働時間」のいずれか、もしくはすべてを変えていく事は避けられません。

要するに、得られる稼ぎを高めるには、何かを向上させる必要があるということです。

ですが、FXのデイトレードに関しては、資金が増えるだけで比例して稼ぎも増えるため、特に「作業内容」「労力」「労働時間」を変える必要がありません。

そのような性質があるため、基本的にFXのデイトレで稼げる金額は限度がない、いわゆる「青天井」と言えるわけです。

ただ、資金が一定以上を超えると、「資金量」と「得られる稼ぎ」は綺麗に比例関係を保てなくなります。(利益率が保てなくなるという事)

資金量に応じて、売買の注文量が膨大になり、処理スピードが追い付かなくなったり、上手くすべての注文を捌き切れなくなるからです。

そのため、一定以上に資金量が膨大になってしまう時点で、資金量に対する「稼ぎの伸び」は「緩やか」になってしまう事は避けられません。

(このように利益率を保てなくなる資金量に関しては、その手法によって左右されるため、明確に表せないものの、どんな手法でも訪れる現象です。)

もちろん、利益率が多少落ちたとしても、資金量が増えるほど、稼ぎも増えるということに変わりはありません。

ただ、資金が膨大になってくると利益率が下がってしまうため、資金が少なかった頃に比べて稼ぎの伸びがそれほど大きくなくなるということです。

以上が、FXのデイトレードを語る上で1つ目の魅力になります。

FXデイトレードの魅力(メリット)2.短期間での脱サラが可能

これは、稼い利益を引き出さずに、そのまま資金に追加していく、いわゆる『複利運用』を行うことによって短期間で専業のトレーダーとして独立することが可能だという魅力・メリットになります。

会社勤めの場合であれば、いわゆる脱サラできるまでの期間が極めて短いということです。

もちろん、その期間は取り組むFXのデイトレード手法にも左右される事は間違いありません。

しかし、前述の複利運用をしていくことで、「途方もない」稼ぎを短期間で得ることが可能です。

下図が、複利運用で1日5%の利益率を維持した場合の、資金の増え方になります。

~1日5%の利益率での複利運用~

1日5%の利益率で複利運用した結果図

相場の市場は休日は閉場なので、およそ月に21営業日になる前提で計算すると、約7か月ほどで、10万円だった資金が1億4千万円資金の増加率を見ると、約1,400倍です。

もちろん、あくまでも計算上の結果ですので、このとおり綺麗に増えていくとは限りません。

ただ、それでも複利運用には、上図のように資金が急激に増えていく傾向があります。

カードローンをはじめ、あらゆる借金は雪だるま式にどんどん膨らむ性質がありますが、FXのデイトレードで複利運用が軌道に乗ると、その『逆』に利益が雪だるま式に「膨張」していくわけです。

利益率に関しては、自身が取り組むFXのデイトレ手法によって左右されるものの、複利運用によって資金を急速に増加させる事は決して不可能ではありません。

そんな複利運用を上手く使うことによって、独立=脱サラを短期間で実現させられるという魅力(メリット)がFXのデイトレードには存在するということです。

ブログやYouTube、情報販売などが筆頭であるネットビジネスの場合、稼ぎをより大きくするには前述の、

・作業内容
・労力
・労働時間

のいずれか、もしくはすべてを向上させる必要があります。

ある程度の「自動化」が可能な部分がネットビジネスの強みではあるものの、ネットビジネスにおける収入が増えるイメージとしては『足し算』のビジネスモデルに過ぎません。

対してFXのデイトレードでは、「作業内容」「労力」「労働時間」のすべてを変える事なく、複利運用によって『掛け算』のように収益は増えていきます。

そんな複利運用の仕組みがあるからこそ、ほかの仕事・ビジネスモデルと比較しても圧倒的に独立までの期間が短いと言えるわけです。

FXデイトレードの魅力(メリット)3.廃れないビジネスモデル

どんなビジネスモデルでも、流行りがあれば、廃れる事もあるかと思います。

中でも、SNSを集客に利用するビジネスモデルの場合、特に流行り廃りが激しいため、影響を受ける人は少なくありません。

ブログやYouTube、そのほかのビジネスモデルでも同じように流行の「波」は存在し、その流れによって収入が左右される事は普通にあると思います。

対して、FXデイトレードのような相場市場は、

・外国為替のFX
・国内外の先物
・株式

などがあり、これらは私達の生活になくてはならない存在で、流行の「波」は常に『一定』です。

ですので、流行り廃りによる収入の増減は特にありません。

よって、自分自身の「実力のみ」で収入を高めていけるというわけです。

その上で、特に廃れる要素がない市場ですので、有効なFXのデイトレ手法さえ身に付ければ、資本主義が崩壊して相場というものがなくならない限り、半永久的に稼ぎ続けることが可能と言っても過言ではありません。

以上が3つ目の魅力・メリットでした。

FXデイトレードの魅力(メリット)4.学習や準備に必要な時間が短い

4つ目は、FXのデイトレードに対しての学習、および準備に要する時間が極めて短い点です。

ハッキリ言ってしまえば、有効なFXのデイトレ手法を手に入れさえすれば、

・その手法を使いこなすために必要な知識の学習
・その手法を使えるようにする口座などの準備

をすれば、すぐにでもFXのデイトレードを本格始動することができます。

FXのデイトレードで成功する上で必要なものは、「資金」「有効な手法」のみだからです。

FXのデイトレードを開始するスタートが早いため、先ほどまで挙げていた、

・稼げる金額が青天井
・短期間での脱サラが可能
・廃れないビジネスモデル

というFXデイトレのメリットを早期に得られるようになります。

もちろん、学習と準備が完了したからと言って、即座に大きな資金を投入することはあまりおすすめしません。

人間ですので、やはりトレードの実践において慣れるまでは「ミス」が有り得るため、それにより損失を被って資金を減らしてしまう恐れがあるからです。

この「慣れ」に関しては、取り組む手法の難易度によっても左右されますが、基本的にFXのデイトレは1日に何度もトレードするようなスタイルですので、数日以上かけるスイングトレードなどほかのトレードスタイルに比べると割と早く慣れるのではないかと思います。

初めは少額の資金で開始したとしても、慣れてしまえば、後は資金を増やせば一気に稼ぎを増やす事が可能です。

FXデイトレードの魅力(メリット)5.収益の現金化が早い

ブログやYouTubeなどの広告ビジネスや、商品を紹介するアフィリエイトの場合、売上を現金として受け取れるまでには1ヵ月~2ヵ月ほど掛かるのが一般的になります。

要するに、翌月~翌々月まで、入金されるのを長く待たなければなりません。

対してFXデイトレの場合、ネット上で出金の申請さえすれば、基本的に数日ほどで、稼いだ利益を指定の銀行口座に入金してもらう事ができます。

それも、稼いだ分から金額そのものを指定することができるため、好きな金額を数日ほどで自分の財布に入れて使えるようになるわけです。

もしかすると、この即座に指定金額を現金にできる事に対し、

「それって良い事なの?」

という感想を抱くかもしれません。

ただ、稼いだ金額をすぐに手元に置ける事により、モチベーションアップに繋がる面もあると思います。

また、突如として大きな出費が発生した際、ネットビジネスでは1~2か月待たなければなりませんが、FXのデイトレならば数日ほどで引き落として即座に対応することが可能です。

たとえば、下記のような急な出費が起きても、カードローンなどを組む事なく、FXデイトレの収益を充てる事で対応ができると思います。

  • ケガや病気による治療費
  • 自分や親族の病気や不幸に関わる諸経費
  • 進学や習い事など子供の養育費
  • 災害によって発生する諸経費

上記はあくまでも一例で、人によっては考え得る急な出費はこれ以外にも多々あると考えられます。

すぐに稼ぎを現金化できるFXのデイトレならば、生きていく上で発生し得る「突然の大きな出費」にも生活スタイルを乱す事なく対応が可能だということです。

まとめ。FXデイトレードの魅力(メリット)の解説。

以上、今回の記事では、以下の5つを私が考えるFXデイトレの魅力、メリットとして解説してきました。

  • 稼げる金額が青天井
  • 短期間での脱サラが可能
  • 廃れないビジネスモデル
  • 学習や準備に必要な時間が短い
  • 収益の現金化が早い

ただ、これらの恩恵を受けるには、「有効なFXのデイトレード手法を身に付けてこそ」の話にほかなりません。

有効な手法でなければ、稼ぐどころか、逆に損失を受けて資金が減ってしまうからです。

よって、FXのデイトレードでの成功を目指し、本記事で解説してきたFXデイトレの魅力、メリットの恩恵を受けるためにも、まずは有効な手法を手に入れて身に付けていく必要があります。

当ブログ『専業FXデイトレーダーの会』が、そのための「足掛かり」「きっかけ」になるよう、有益な情報提供を行っていますので、宜しければ下記のリンクからほかの記事もご覧になってみてください。

杉原。

>ブログの目次はこちらから

>コツコツドカンの逆トレードについて。勝率とリスクリワードの関係から解説。

>破産注意。FXのデイトレでコツコツドカンをやって負ける原因と対策。

>最低限負けない。勝てるFXのデイトレード手法、ロジックの「最低ライン」について。

>この時間帯のみでも十分。FXのデイトレードで利益率と勝率が高い時間帯とは。

>少額でも儲かる。FXのデイトレードに適した取引口座のスペック。