「トレード総合」の記事一覧


【操作法】TradingViewでバックテストを行うリプレイモード

杉原です。

代表的なチャートソフトであるMT4よりも、とても操作性が高く人気があるトレーディングビュー(TradingView)では『リプレイモード』という機能で、実践に限りなく近い形でバックテストできます。

私もそうでしたが「どうしてもMT4はどうしても扱いにくい」という場合には、TradingViewのリプレイモードは非常に役立つ機能です。

そこで当記事では、トレーディングビュー(TradingView)のリプレイモードを使いこなす操作方法を解説し、バックテストを自由に行えるような内容をお届けいたします。

トレーディングビュー(TradingView)のリプレイモード

まず、TradingViewのリプレイモードについて、どのような機能かを簡単に説明させて頂きます。

TradingViewのリプレイモードは、好きな時間までチャートを戻し、その時間以降のローソク足が表示されない状態になります。

その上で、表示されていないローソク足を、

・1本ずつ
・早送りでまとめて

という、どちらかの方法でコマ送りにしていくことが可能です。

ですので、このリプレイモードは、チャートの右側が見えていないという、実践に極めて近い環境でバックテストができる機能となっています。

TradingView リプレイモードの操作方法

それでは、実際にリプレイモードの操作を図解していきたいと思います。

まずは、バックテストをしたい日時までチャートを戻してください。

チャートをドラッグアンドドロップで左に移動しても良いですし、「Alt」+「G」で下図のような画面が出るので、この画面の操作で好きな時間まで戻っても構いません。

チャートの移動

日時を入力するか、カレンダーをクリックするか、いずれかの方法で好きな時間までチャートを戻ることが可能です。

リプレイモードの立ち上げ

次にリプレイモードを立ち上げるために、TradingViewの画面上部メニューにある『リプレイ』をクリックします。

TradingViewのリプレイモードを立ち上げる

すると、下図のように、自由に移動できる水色の縦線が見えるはずです。

「ここから右側は見えなくする」という時間に水色の線を置くと、右側のチャート(ローソク足)が完全に非表示になり、実践と同じようなチャートとなります。

先ほどの図で9/21 17:00に水色の縦線を置いたので、下図のようになりました。

TradingViewのリプレイモードで過去チャートに戻る

続いては、リプレイモードの操作バーを使い、チャートを動かしてバックテストをしていきます。

リプレイモードでチャート動かす

ここでは、左から順に操作バーの解説をしながら、チャートを実際に動かす方法を説明します。

一番左の「ジャンプする」は、最初に設定した日時よりも、さらに過去へと戻りたい場合に使うボタンです。

さらに過去に戻る場合「ジャンプする」

このボタンを押すと、先ほど説明した水色の縦線が現れるので、同じ作業で好きな時間にチャートを戻し、右側を見えなくできます。

ちなみに水色の縦線は「Esc(エスケープキー)」で消すことが可能です。

続いて左から2つ目の「再生」ボタンは、見えなくなっている右側のローソク足を、早送りで一気に表示していく時に使う操作になります。

リプレイモードの早送り

赤枠で示した部分が、早送りの『速度』になり、左にするほど遅く、右側にするほど速いスピードで早送りされます。

「Shift」+「↓」のショーカットキーでも早送りが可能です。

早送りをすると、下図のように一時停止ボタンに変わるので、止めたい場合にクリックしてください。(早送りと同様に「Shift」+「↓」のショートカットキーでもできます)

リプレイモードの早送りを一時停止

左から3つ目に位置する「前に」は、ここで説明した「まとめて表示する早送り」とは異なり、1本ずつ見えていない部分のローソク足を表示していくための操作です。

リプレイモードで1本ずつローソク足を表示していく

「前に」ボタンを1回クリックすると、1本のローソク足を表示してくれます。

まさに実践と同じ緊張感でバックテストができるため、非常に有効な機能です。

続く左から4つ目のボタンは「リアルタイムへ」は、現在時刻までチャートを一気に進める操作で、基本的にバックテスト中は特に使わない機能かと思います。

リプレイモードから一気にリアルタイムへチャートを移動

一番右にあるボタン「チャートリプレイモードを終了」は、TradingViewのリプレイモードを終わらせたい時に使う操作です。

TradingViewのリプレイモードを終了

補足になりますが、下図の赤丸で示した箇所をドラッグアンドドロップすると、このリプレイモードの操作バーを好きな場所に移動できますので、チャートが見にくい場合などにご利用頂ければと思います。

リプレイモードの操作バーを移動

まとめ:TradingViewのリプレイモードでバックテストを行う方法

以上、この記事ではTradingViewのリプレイモードを活用し、バックテストを行うための操作方法を図解いたしました。

基本的には1本ずつコマ送りにして、実際の相場と同じ緊張感を味わいつつ、早朝など飛ばしたい時間帯には早送りを使うと効率的なので、試して頂ければ幸いです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>【図解】水平ラインで1日10%以上の利益率を出すFXのデイトレ手法

>TradingViewでトレンドライン/水平ライン/チャネルラインを引く方法

>FXのデイトレードはスマホだけ、パソコン無しでも勝てるのか?

MT4でEAのバックテスト中に「TestGenerator: write file error」が出る原因と対処法

杉原です。

なぜかバックテストの結果が表示されず、ログ(操作履歴)を見ると「TestGenerator: write file error」と表示されていたことはありませんか?

この記事では、MT4を使ったEAのバックテストで「TestGenerator: write file error」が出る原因と、バックテストを継続するための対処法について解説しています。

MT4に表示される「TestGenerator: write file error」

「TestGenerator: write file error」の原因

まずは、この「TestGenerator: write file error」が出る原因から説明いたします。

EAのバックテストをMT4で行うと、バックテストにおける全取引の履歴がパソコン上に自動で保存され、その履歴ファイルの大きさは決して小さくありません。

そのため、何度もバックテストを行っていると、その履歴ファイルだけでも数G(ギガ)以上の容量となり、パソコンの空き容量を狭めてしまうわけです。

その結果「空き容量が足りないので、もうこれ以上は履歴を出力できません」という意味で、下図のように「TestGenerator: write file error」というメッセージが表示されるようになります。

MT4に表示される「TestGenerator: write file error」

「TestGenerator: write file error」の対処法

ここまで説明したように、このメッセージが出た原因は「単なる容量不足」なので、容量を空ければ問題ありません。

まずは、これまでに行っていたバックテストの全履歴ファイルが格納されているフォルダを開きます。

MT4で「ファイル」→「データフォルダ」の順にクリックしてください。

MT4のデータフォルダを開く

次に「tester」を開きます。

testerを開く

続いて開くフォルダは「history」です。

すると、この「history」というファルダに、下記のような拡張子が「fxt」のファイルがあるので、こちらを削除します。

拡張子が「fxt」のファイルを削除

上図のファイルが、これまでMT4で行ったEAのバックテスト履歴が詰まったものになります。

なので、このファイルを削除すればMT4をインストールしたパソコンの容量が大幅に空き、次回に行るEAのバックテストでは「TestGenerator: write file error」が表示されずに、最後までテストが実行されるはずです。

まとめ:「TestGenerator: write file error」の原因と対策

以上、この記事では「TestGenerator: write file error」の原因として、バックテストの履歴ファイルが一杯になりパソコン容量が不足していることを解説しました。

その上で、対処法としては、MT4から履歴ファイルが格納されているフォルダを開き「fxt」のファイルを削除すればOKです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>【持ち運びOK】MT4をUSBメモリー/外付けHDDにインストールする方法

>FXデイトレの最適なバックテスト方法×必須のテスト項目。

>資金1万から500万に少額から一気に増やしたFXデイトレ手法の解説

>目指すは専業。FXデイトレードのコツや上達法の4選を解説。

TradingViewで複数の移動平均線を一度に表示するインジケーター

杉原です。

トレーディングビュー(TradingView)では、すでに移動平均線のインジケーターが内臓されているものの、1つのインジケーターにつき1本しか移動平均線の表示ができません。

そのため、インジケーターの表示数に制限がある「無料プラン」や「定額プラン」の場合、思い通りに複数の移動平均線を表示できずに困るかと思います。

そこで当記事では、1つのインジケーターのみで複数(5本)の移動平均線を一度に表示する方法を紹介していくので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

TradingViewで複数の移動平均線を表示するインジケーター

元々トレーディングビュー(TradingView)に内蔵されている単純移動平均線は、下図のように表示中のチャート以外の「時間足」を選択することも可能なほど、優れたインジケーターでした。

TradingViewに内蔵されている単純移動平均線のインジケーター

ただし、冒頭でもお伝えしたように1本しか移動平均線を表示できません。

そのため、移動平均線を5本表示したい場合は、この単純移動平均線のインジケーターを5つ入れ、それぞれ異なるパラメータ(設定値)を指定する必要がありました。

ただ、ここで紹介する「5本の移動平均線」(日本語訳)では、このインジケーター1つで5本分の移動平均線を表示できます。

では早速、このインジケーターを導入する方法についてです。

まずはTradingViewの画面上で「インジケーター」をクリックします。

TradingViewでインジケーターの選択

次に検索窓で「5本の」と入力すると、下図のように「5linesMovigAverage EMA/SMA 5本の移動平均線」が候補として現れるはずです。

5本の移動平均線というインジケーターを検索

このインジケーターを選択すれば、導入OKです。

次に、TradingViewのチャート左上に出ている、下図のようなインジケーターの表示で、赤丸で示した「設定」をクリックします。

インジケーター「5本の移動平均線」の設定その1

すると、下図のような設定画面が表示されるので、まずは赤枠で示した部分の「指数平滑移動平均線(EMA)」と「単純移動平均線(SMA)」を選択します。

インジケーター「5本の移動平均線」の設定その2

後は、5本のパラメータ(設定値)を入力すれば問題ありません。

お好みで、移動平均線の色や太さを変更したい場合は、下図のように「スタイル」のタブを選択して調整できます。

インジケーター「5本の移動平均線」の設定その3

ちなみにプロットのチェックを外すと、その移動平均線を表示させない設定が可能です。

上図は上から順に下図の「パラメーター」タブにある、

・Shorter
・ショート
・Medium
・ロング
・Longer

の順に対応しています。

インジケーター「5本の移動平均線」の設定その4

このインジケーターを使えば、1つのみでも5本の移動平均線を表示できますし、そこまで使うかは分かりませんが2つで10本、3つで15本の表示も可能です。

いずれにしても、無料プランや定額プランであっても、このインジケーター「5本の移動平均線」を使えば、複数本の移動平均線を表示ができるので、ぜひ一度お試しになってみてください。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>資金1万円から500万円に。少額から一気に増やしたFXのデイトレ手法/ロジックの解説。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>それ、負けます。FXのデイトレでボリンジャーバンドの逆張りがNGな理由。

>危険? FXのデイトレで「通貨の強弱」を利用した手法について。

>元手、資金0からFX専業デイトレーダーを目指す企画

【持ち運びOK】MT4をUSBメモリー/外付けHDDにインストールする方法

杉原です。

この記事ではMT4をUSBメモリーや外付けHDDにインストールして持ち運べるようにする内容を書いています。

USBメモリーと外付けHDDにMT4をインストール

海外FX業者ではMT4での取引が基本であり、多くのトレーダーがパソコンにインストールしてMT4を利用しているはずです。

ただ、自宅用のパソコンにインストールすると、どうしても外出先でのトレードができません。

中にはWeb版MT4やスマホアプリのMT4を使うトレーダーもいますが、使えるインジケーターやEAを含め、どうしても機能面ではパソコンにインストールするタイプである通常のMT4が圧倒的に優れています。

そこで、旅行先/ホテルやカフェなど外出先でも、充実した機能を持つパソコン版のMT4を使い、自由にトレードすための代替案として提案しているのが『USBメモリー』『外付けHDD』にMT4をインストールして持ち運べるようにすることです。

MT4をUSBメモリー/外付けHDDにインストールして持ち運べるようにする方法

まずは各FX業者からMT4をパソコン上にダウンロードしてください。

以下は例として、私が一番に推奨しているExness(エクスネス)におけるMT4のダウンロード手順になります。

すでにダウンロード済み、他のFX業者を使っている場合は飛ばして頂いて構いません。

レバレッジ無制限×証拠金維持0%のロスカット水準「Exness」

「プラットフォーム」→「MetaTrader 4」の順にクリックします。

ExnessからMT4をダウンロードする手順1

続いて「MetaTrader 4をダウンロード」をクリックするとダウンロードは完了です。l

ExnessからMT4をダウンロードする手順2

その上で、そのダウンロードしたMT4のインストール先に、USBメモリー/外付けHDDを指定する流れになります。

ダウンロードしたMT4のファイルをダブルクリックしていきましょう。

ダウンロードしたMT4のインストール開始

「パソコンに変更を…」のようなポップアップが出てきた場合は「はい」を押してOKです。

そして、下図のように注意書きの下にある「設定」を押してください。

パソコンに行う通常のインストールは、この画面では何もせずに「次へ」を押してしまうのですが、USBメモリーや外付けHDDの場合は「設定」でインストール先の指定を行うので注意が必要です。

Exness(エクスネス)のMT4設定

上の画面で「設定」をクリックすると、下図のようにインストール先の指定ができます。

下図の「参照」を押して、任意のUSBメモリーや外付けHDDをインストール先に指定すればOKです。

Exness(エクスネス)でダウンロードしたMT4のインストール先を変更

インストール先にUSBメモリーまたは外付けHDDを指定した後は、インストールが始まり画面の指示に従っていれば完了します。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>資金1万から500万に少額から一気に増やしたFXデイトレ手法の解説

>私のFXデイトレ手法に関して、1日で10%台超えの利率を達成された方々から、実績と感想を頂きました。

>数週間で1万の資金を500万まで増やしたデイトレード手法を公開中

その他、MT4関連の記事もございます。

>(無料)FXのバックテストに必要な「ヒストリカルデータ」のダウンロードとMT4へのインストール方法

>(MT4)1分足から5分足を含む全時間足のヒストリカルデータを作成する方法

>海外FX業者ごとにMT4のチャートに誤差がある原因と対応策

(MT4)1分足から5分足を含む全時間足のヒストリカルデータを作成する方法

杉原です。

この記事では、すでにインストールした1分足用のヒストリカルデータを使って、5分足や1時間足など別の時間足におけるヒストリカルデータを作成する方法を図解していきます。

すでに1分足のヒストリカルデータがお使いのMT4にインストール済みという前提で解説していきますので、もしできていない場合、下記の記事で解説している手順に従ってインストールしてみてください。

>(無料)FXのバックテストに必要な「ヒストリカルデータ」のダウンロードとインストールの方法

それでは早速、本題に入っていきましょう。

1分足から5分足をはじめ、全てのヒストリカルデータを作成

この作業は、手作業で行うというよりも、すでに存在するツールを使って瞬時に完了します。

そのツール(スクリプト)が「Period Converter」です。

MT4の左側に表示されるナビゲーターにある「スクリプト」をクリックして広げると、「「Period Converter」があると思います。

Period Converter

ナビゲーターが表示されていない場合、上の方にあるメニューバーから「表示」→「ナビゲーター」の順にクリックすると表示されます。

次に「ファイル」→「オフラインチャート」の順にクリックし、1分足のオフラインチャートを開いてください。

冒頭で紹介した記事の手順どおり進めると、ドル円(USD/JPY)のオフラインチャート(1分足チャート)ができているはずです。

1分足のオフラインチャートを開いたら、ナビゲーターにある「Period Converter」を下図のようにチャート上にドラッグアンドドロップします。

Period Converterを1分足チャートにドラッグアンドドロップ

すると、下図のような画面が表示されるので「パラメータの入力」というタブを選び「値」の箇所に、作成したい時間足チャートの『分数』を入力してください。

(下図の場合は5分足が作成されます)

5分足の例

もし、15分足ならば15を入力し、分単位にするため1時間足の場合は「60」になるのでご注意ください。

同様に4時間足は「240」です。

以上の手順で行えば、下記のような任意の時間足におけるヒストリカルデータをすべて作成できます。

  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足(60分足)
  • 4時間足(240分足)
  • 日足(1,440分足)

そのほか、必要に応じて3分足チャートの作成も可能です。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

この記事で紹介した方法とは別に「period_converter_ALL」というツール(スクリプト)を使って一括で複数の時間足を作る方法もあります。

ただ「period_converter_ALL」のダウンロードには登録作業など手間が必要なため、あえて扱わず、元々インストールされている「period_converter」を使った方法を解説した次第です。

本記事の「period_converter」を使った方法でも、各時間足の数字を入力するだけですので、数分とかからず作業は終わると思います。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>私のFXデイトレ手法で10%台以上の利率をされた方々の実績と感想集(その1)

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>リスクリワード1:2~3。窓埋め後を狙った高勝率のFXデイトレ手法。

>なぜポンド円はテクニカルが効きやすいのか?

(無料)FXのバックテストに必要な「ヒストリカルデータ」のダウンロードとMT4へのインストール方法

(無料)FXのバックテストに必要な「ヒストリカルデータ」のダウンロードとインストールの方法

杉原です。

デイトレードやスイングトレード、スキャルピングなど、どんな手法に限らずFXのバックテストを行う上で、過去のデータである「ヒストリカルデータ」は欠かせません。

その上で、たったの数か月、数年分のヒストリカルデータしか無ければ、そのバックテストて勝てても、その有効性は短期間だけ偶然に出たものかもしれず、信ぴょう性に欠けてしまいます。

だからこそ、FXのバックテストは長期間で行って信ぴょう性を高めるべきであり、そのためには膨大なヒストリカルデータが必要だということです。

そこで当記事では、高い精度でバックテストを行うために、お使いのMT4に長期間のヒストリカルデータをダウンロード、インストールしていく方法について解説していきます。

ヒストリカルデータの入手からダウンロード/インストールを行う上で完全に無料でできるので、金銭的な負担は一切ありません。

そもそもヒストリカルデータとは

この記事でダウンロード/インストールしていくヒストリカルデータですが、具体的にはローソク足の4本値を指します。

下図は推奨している海外FX業者『Exness(エクスネス)』のMT4から抜粋したものですが、どのFX業者のMT4でも共通して「ツール」→「ヒストリカルセンター」の順にクリックしていくと下図のようにヒストリカルデータの閲覧が可能です。

Exness(エクスネス)のヒストリカルセンター

ただ、ご自身でヒストリカルデータをダウンロード/インストールしない限り、MT4をダウンロードしてから本日までの短期間分のヒストリカルデータしか入っていません。

上図は私が外部から膨大な量のヒストリカルデータを入れたため、この記事の執筆日は2022年ですが、ご覧のとおり2015年分のデータも存在していました。

そんなヒストリカルデータは、MT4をインストールしたパソコン上に、下図のように「HSTファイル」という形式で保存されています

Exness(エクスネス)のヒストリカルデータ一覧

ヒストリカルデータは各通貨ペアの1分足をダウンロードし、その1分足のデータを使って、

・5分足
・15分足
・1時間足
・日足

などに変換していく流れです。

(ちなみに、1時間足など上位足の場合も、1分足や5分足と同じく「分」で表示する必要があるので、1時間足は60分足という位置付けになるのでご注意ください。)

FX通貨ペアのヒストリカルデータをMT4に無料ダウンロードする方法

ここではドル円(USD/JPY)を例に、膨大なヒストリカルデータをご自身がお使いになっているMT4にダウンロードする方法を解説していきます。

まずはヒストリカルデータのダウンロードを行いますが、どのFX業者も過去データを提供しているわけではありません。

その上、提供しているFX業者によっても、データに抜けがあることや、精度が低いケースもあるので注意が必要です。

その上で、FXDDが提供しているヒストリカルデータはほかのFX業者が提供しているデータよりも高精度となっているため、この記事ではFXDDからダウンロードしていきます。

FXDDのヒストリカルデータをダウンロード

以下がFXDDが提供するヒストリカルデータの入手ページです。

FXDDのヒストリカルデータ一覧ページ

上記ページにアクセスすると、ページの中盤に下図のようにUSD/JPY(ドル円)があるはずです。

FXDDのヒストリカルデータ一覧ページにあるドル円

このUSD/JPY(ドル円)をクリックすると、ダウンロードが始まります。

FXDDのヒストリカルデータは1分足データで、ZIPファイルに格納されているので、ダウンロード後はZIPファイルの解凍をしてください。

ZIPファイルの解凍には、解凍ソフトの使用を推奨していましたが、基本的に下記のようなどのソフトでも構いません。

  • WinRAR
  • Lhaplus
  • Explzh
  • +Lhaca
  • 7-Zip

ただ、ヒストリカルデータの量自体が膨大なので、お使いのパソコンと解凍ソフトの相性によっては、上手く解凍できない場合があります。

そのため、もしも解凍した際にエラー表示が出た場合、別の解凍ソフトをお試しになってみてください。

MT4の開発元であるMetaQuotes社も、ヒストリカルデータの提供をしていましたが、あまり精度がよろしくないため、バックテストの結果に信ぴょう性が出ません。

対して、ここで紹介させて頂いたFXDDの場合、2005年分から提供されているため、バックテストを行う際の信頼性が高まるからこそ推奨していた次第です。

追記:より高精度なヒストリカルデータのダウンロード元

ここまでFXDDが提供するヒストリカルデータの入手方法を解説してきましたが、FXDDのデータ以上に精度が高いデータを『FXTF』という国内FX業者が提供し始めました。

>FXTFの公式サイトはこちら

無料登録後、会員ページにて、下図のように画面左側にある「チャートデータ」をクリックすると、ヒストリカルデータのダウンロードページが表示されます。

FXTFのヒストリカルデータ

細かな手順は赤枠で示したリンク先で、FXTF側が丁寧に解説してくれていました。

FXTFのヒストリカルデータ

実際のところ、上図には収まらないほど多くの通貨ペアに加え、

・ゴールド
・日経225
・原油
・ダウ平均

などのデータも入手が可能です。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

ダウンロード元をFXDDからFXTFに変更しても、特にこの記事内の解説に関しては変わりはございません。

MT4でダウンロードの受け入れ準備

繰り返しになりますが、ヒストリカルデータの情報量は膨大になるため、MT4側での受け入れ準備が必要です。

MT4を開いた上で「ツール」→「オプション」の順にクリックしてください。

すると、下図のようなオプション画面が出てくるはずです。

MT4のオプション(Exness)

次に、膨大なヒストリカルデータを表示させるために、赤枠で記した箇所に「9」を上限まで入力します。

MT4のヒストリカルデータ表示設定

OKを押し、MT4を終了してから再起動すると、反映されているはずです。

実際には「9」を連続入力したはずですが、下図のように「2147483647」となっているかと思います。

これがMT4の現状における最大値なので特に問題はありません。

MT4のオプション(Exness)

ここで行った表示設定ですが、あくまでもバックテスト用の設定になります。

ここで説明したように上限まで設定値を上げると、実際のリアルなFXのチャートを見る際には若干パフォーマンスが落ち、表示速度や処理速度が低下する可能性があるのでご注意ください。

あくまでも、この表示設定はバックテスト専用の口座、もしくはデモ口座で行い、実際にトレードする口座のMT4では、数千本程度の設定値でパフォーマンスを下げないことを推奨していました。

ヒストリカルデータの上書き予防

先ほどダウンロードしたヒストリカルデータをMT4にインストールすると、初期状態のままでは自動でデータが上書きされてしまいます。

これは、MT4が自動でリアルなFX相場からデータを取り込み続けるからです。

ですので、バックテスト用にヒストリカルデータをインストールするMT4の状態を、あえて「オフライン」に設定します。

MT4で「ツール」→「オプション」の順にクリックして、下図のように『サーバー』のタブを選択し、一番上の「プロキシサーバーを有効にする」にチェックを入れてください。

プロキシサーバーを有効にする

次に「プロキシ…(P)」をクリックし、下図のように「データ」の箇所にデタラメな文字を半角で入力しておくことで、自動更新を防ぎます。

プロキシ設定

以上の設定で、後ほどインストールするヒストリカルデータが勝手に書き換えられ、バックテストの際に検証結果がおかしくなり、検証した手法の信ぴょう性が低下してしまうことを予防できます。

古いヒストリカルデータの削除

続いて、既存の古いヒストリカルデータと、先ほどダウンロードしたヒストリカルデータが混在しないように、古い方のデータを削除します。

MT4で「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックしてください。

その中で「history」の中にある、お使いのMT4サーバーが記載されたフォルダをダブルクリックしていきます。

私の場合、この記事用にExness(エクスネス)のデモ口座を作っていたため「Exness-Trial」が該当しました。

Exness(エクスネス)のデモ口座

その中で、古いヒストリカルデータである拡張子が「hst」となる、下図の赤枠で示したようなファイルを削除します。

ヒストリカルデータの削除

ヒストリカルデータをMT4にインストール

ここまでの作業で、MT4側の設定は完了したので、先ほどダウンロードしたヒストリカルデータをMT4にインストールしていきましょう。

MT4で「ツール」→「ヒストリーセンター」の順にクリックしていきます。

今回の例はドル円になるため、下図のように「Forex_group」を開き、USD/JPYを選択してください。
ヒストリーセンターの図

ちなみに、ほとんどのFX業者がアルファベット順に並べているので、ドル円(USD/JPY)は割と後半にあります。

ヒストリーセンター内からUSD/JPYを選択

上図の「+」を押すと、下図のように各時間足が表示されるので、1分足を選択します。

USD/JPYの1分足を選択

次に下図のように下の方にある「インポート」をクリックしていきます。

インポートを選択

すると、下図のような画面が出るので、赤枠で示した「参照」を押して、ダウンロードして解凍したドル円(USD/JPY)のヒストリカルデータ(拡張子はHST)をクリックしてください。

ヒストリカルデータのインストール

ヒストリカルデータのインストールに成功していれば、下図のようにスクロールすると過去のデータが入っているはずです。

確認できたら「OK」を押し、閉じて構いません。

MT4を再起動すれば、ヒストリカルデータのインストールは完了しているはずです。

(まとめ)無料でヒストリカルデータのダウンロードとMT4にインストールする方法

以上、この記事では金銭的負担0で、ヒストリカルデータのダウンロードからMT4へのインストール方法を解説いたしました。

手順どおりに作業して頂ければ、無事にドル円(USD/JPY)のヒストリカルデータのインストールが完了し、1分足の過去チャートが作成できているはずです。

この1分足の過去チャートから5分足チャートや15分足チャート、1時間足チャートなどを作成していきます。

そんな1分足チャート以外の時間足チャートを作成する手順は、下記の記事で図解しているので、あわせてご覧になってみてください。

>ヒストリカルデータから別の時間足チャートを作る方法

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>FXのデイトレでテクニカル指標の「ダマシ」を防ぐ方法

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1つの指標を使い1日数%の利率を出すスキャルピング手法

>FXデイトレのトレードルームに必要な物/作り方、事例の公開

【TradingView】チャートの拡大と縮小を一瞬で行う方法(フルスクリーン表示も)

杉原です。

デイトレードに限らず、FX相場のチャートを見る際には、相場全体の流れを把握するための『環境認識』を多くのトレーダーが行っているかと思います。

そんな環境認識において、長時間のチャート表示をしてトレンドラインや水平ラインを引きFX相場の全体を見る必要があるため、チャートの拡大や縮小といった操作が欠かせません。

特にライントレードを行う場合、環境認識だけではなく、下位足でラインを引く際にも、チャートの拡大と縮小は頻繫に行うかと思います。

その縮小/拡大の操作に時間をかけず『一瞬』でできれば、特にデイトレードの場合は絶好のチャンスを逃さず、利益をどんどん積み上げていくことが可能です。

そこで当記事では、チャートソフトの代表格でもあり、操作性が非常に優れているトレーディングビュー(TradingView)を例に、素早くチャートの拡大と縮小から、全画面表示(フルスクリーン表示)まで行う方法を解説させて頂きます。

トレーディングビュー(TradingView)でのチャートの拡大と縮小

まず、下図の右下に赤枠で示したように「自動スケール」を設定している場合、チャート上でマウスホイールを

上に動かせば拡大
下に動かせば縮小

になります。

(TradingView)自動スケール時の拡大と縮小

下図がマウスホイールです。

マウスホイール

ただ、縦方向(価格軸)だけ、もしくは横方向(時間軸)のみ、チャートの拡大と縮小を行いたい場合もあるかもしれません。

その際には、それぞれ下記のような操作によって拡大と縮小ができます。

縦方向(価格軸)は、下図のように画面の右側にある価格帯にマウスを置き、その上でマウスホイールを上に動かして拡大、下方向に動かして縮小が可能です。

(TradingView)チャートの拡大と縮小を縦軸方向に

対して横方向(時間軸)でのチャートの拡大と縮小は、下図の赤枠部分である時間帯にマウスを置き、同様にマウスホイールの上下で実現できます。

(TradingView)チャートの拡大と縮小を横軸方向に

このような、縦軸、横軸の拡大/縮小を行うと、自動的に『自動スケール』は解除されるのでご注意ください。

(TradingView)自動スケール

マウスがない場合

もし、ノートパソコンで外付けのマウスを使わない場合は、先ほど説明した「縦方向」「横方向」でのマウスホイールの上下を、

・縦方向の価格帯はクリックしたまま上下
・横方向の時間軸はクリックしたまま左右

にそれぞれ動かすことでチャートの拡大/縮小が可能です。

外出先や旅行先など、マウスを使わないで操作する際に使えるので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

TradingViewのチャートをフルスクリーンに

ここまでの拡大と縮小に関連して、チャートそのものをパソコンの全画面表示(フルスクリーン)にする方法を紹介いたします。

操作は単純で、下図の赤枠で示した「フルスクリーン」のボタンを押すだけでOKです。

TradingViewのフルスクリーン表示(全画面表示)を行う操作

上図の赤枠ボタンを押すと、下図のようにパソコン全体にチャートがフルスクリーン表示され、見やすい画面となります。

TradingViewのフルスクリーン表示(全画面表示)

この全画面表示(フルスクリーン表示)を止める場合は、キーボードの「Esc(エスケープキー)」を押してください。

「Esc」を押すと通常の表示に戻ります。

まとめTradingViewのチャート拡大/縮小

以上、TradingViewのチャートに関する拡大と縮小を一瞬で行う方法を解説いたしました。

基本、マウスホイールを使えば指先1本で十分なので、ノートパソコンの場合でも外付けのマウスがおすすめです。

マウスホイール

ぜひ、当記事の内容をFXのライントレードや環境認識に役立てて頂ければ幸いです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>FXのデイトレでポケットWifiは無理?適したネット環境/回線について。

>FXのデイトレに中古PCは無理?デイトレ向きなパソコンのスペックや速度、オススメなどを解説。

>FXデイトレのトレードルームに必要な物/作り方、事例の公開

>FXのデイトレードはスマホだけ、パソコン無しでも勝てるのか?

なぜポンド円はテクニカルが効きやすいのか?

杉原です。

「ポンド円は合成通貨だからテクニカルが効きにくい?」

このような考えを持ち、FXでポンド円の取引を避け、扱う通貨ペアをドル円やユーロドルに限定しているトレーダーも少なくありません。

もし本当にポンド円にテクニカルが効きにくい場合、単純に勝率の低下から得られる利益が少なくなるので、取引を避けることは正しい判断だと思います。

ただ、実際に私はポンド円をデイトレで扱っていますが、特にテクニカルが効きにくい印象はありませんでした。

むしろ、逆に効きやすいと感じています。

そのため、私としてはポンド円を避けているトレーダーには、積極的に扱って欲しいと思うほどです。

そこで当記事では、

「ポンド円にテクニカルが効きやすいと考えられる根拠」

に加えて注意すべき、実際のトレード経験から導いた、

「ポンド円のテクニカルが効きにくくなる特定の条件」

もあわせて解説させて頂きます。

ポンド円にテクニカルが効きやすいと考えられる根拠

実際に私は、ポンド円を含めた以下の通貨ペアを扱って、同じデイトレ手法を取り組んでいます。

(上記のリンク先はスプレッドの比較記事です。)

その上で、ポンド円だけ勝率が低下することは、実際の相場はもちろん、過去10年以上のバックテストでも特にありませんでした。

それどころか、冒頭で触れたように「ポンド円はテクニカルが効きやすい」と感じるほど、ほかの通貨ペアと比べても、むしろ勝率は高い方です。

その根拠としては、投機=トレード目的でポンド円を扱うトレーダーが多いことだと私は思います。

実際「ポン専」というポンドのみを専門に扱っているトレーダーもいるほどです。

ポンドドルは夕方以降のロンドン時間からしか値動きが起こらないものの、ポンド円は9時から始まる東京時間から深夜のニューヨーク時間まで動くためトレードのチャンスが多いからこそ、多くのトレーダーに扱われています。

そんなポンド円の価格=レートは、

ドル円
ポンドドル

を合成したものであることは間違いありません。

だからこそ円安相場であれば、ドル円に影響されるようにポンド円も上昇することは普通にあります。

ただ、先ほど少し触れたように、ポンド円を投機目的でガンガン扱うトレーダーは少なくありません。

そのため、ドル円またはポンドドルが主導となってポンド円が動くだけではなく、投機目的のトレーダーたちによる注文により、ポンド円が独自に動くことも多々あるわけです。

その上で、投機はデイトレードやスキャルピングのような短期トレードなので、ファンダメンタルズ分析ではなく、多くのトレーダーはテクニカル分析による値動き分析を行って取引しています。

その結果、ポンド円は単なる合成通貨というだけではなく、テクニカル分析による投機目的で大勢のトレーダーから取引されているからこそ、テクニカルが効きやすい状況になっているのだと私は推測していたわけです。

以下、実際にテクニカルが効いているポンド円のチャート図を、いくつか紹介させて頂きます。

●トレンドラインが効いているポンド円
トレンドラインが効いているポンド円

●チャネルラインが効いているポンド円
チャネルラインが効いているポンド円

●水平ラインが効いているポンド円
水平ラインが効いているポンド円

【注意】ポンド円のテクニカルが効きにくくなる特定の条件

合成通貨ペアでありながらも「ポンド円はテクニカルが効きやすい」という解説をさせて頂きましたが、その効き目が弱まる特定の条件があるので説明していきます。

経済指標が発表される前後の時間帯

まずは重要な経済指標が発表される前後です。

発表がある指標の内容によっては、ファンダメンタルズが主導となり、大きな値動きが発生します。

そのため、重要度の高い経済指標が発表された直後は、単純にテクニカルが効きにくくなるわけです。

また、そんな大きな値動きを事前に避ける多くのトレーダーたちは、経済指標が発表される時間の前には取引を行いません。

取引するトレーダーの数が少なくなるほど、統計であるテクニカル分析の「信ぴょう性」は低くなってしまいます。

よって、結果的に発表後だけではなく、発表される直前も同様にテクニカルの効き目が弱くなるということです。

ポンド円の場合、特にイギリスと日本の経済指標にはご注意ください。

イギリスの経済指標は、それほど重要度が高くなくとも、ポンドドルやポンド円に大きな影響を与える傾向にあります。

「どの経済指標に注意すれば良いか」という指標における重要度の高さは、下記の記事で解説していますので、あわせてご覧になってみてください。

>勝つためのFXデイトレードにおける「経済指標」の有効な活用方法

また、ポンド円はイギリス/日本の経済指標だけではなく、アメリカの指標にもご注意ください。

アメリカの経済指標はドル円に大きな影響を与えるため、そのドル円に連動してポンド円にも影響が及ぶ可能性があるからです。

以上から、最低限、

・イギリス
・日本
・アメリカ

の経済指標には注意を払うことを推奨していました。

災害や政治要因

突発的に発生する大きな災害や、政治などが関わるニュースは、テクニカルにまったく関係なく大きな値動きになります。

特に、イギリスにおける重要な役職の人物が、急に辞職するなどの報道が出た際は要注意です。

報道の直後だけではなく、数時間、場合によっては数日間ほど影響が出ることで、しばらくポンド円にテクニカルが効きにくい状況が続くかもしれません。

その際の特徴としては、普段以上の大きな値動きに加え、一方的な上げまたは下げになります。

そのような状況は、ポンド円にテクニカルが効きにくい相場になるため、取引を避けることが賢明です。

参加トレーダーが極端に少ない時間帯

早朝のような、参加トレーダーが極めて少数になる時間帯も、ポンド円のテクニカルが効きにくくなります。

そもそもテクニカル分析は<「統計」が基盤となる分析法です。

そのため、人数の少ないアンケートに信ぴょう性がないのと同様に、トレーダーの人数が少ない状況でのテクニカル分析も信ぴょう性がありません。

FXは24時間トレードができるものの「深夜3時頃~翌9時前」までは、取引するトレーダーの数が極端に減少するので、この時間帯のポンド円はテクニカルが効きにくくなると想定し、トレードを避ける方が賢明です。

まとめ:ポンド円はテクニカルが効きやすい?

以上、この記事ではポンド円はテクニカルが効きやすい根拠として「テクニカル分析が主体となる短期トレード(投機)目的で多くのトレーダーに取引されているから」という推論をいたしました。

ただ、後半に挙げた、ポンド円にテクニカルが効きにくくなる場面として、

・関連する重要な経済指標の発表前後
・災害や政治的な要因
・深夜3時頃~翌9時前までの参加トレーダーが少ない時間帯

もありますのでご注意ください。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、他の関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>FXにおけるトレンドの始まりは「下位足」という説

>「ロット上げは危険?」1日10%以上の利率を出すFXデイトレ手法の秘訣

>もうFXのデイトレはオワコン(勝てない)? デイトレの快感を含めて解説。

>FXのデイトレードにファンダメンタルズ分析は不要だという理由

FXにおけるトレンドの始まりは「下位足」という説

杉原です。

この記事では、私が提唱している1分足に特化したFXスキャルピング手法である『1Roundスキャル』に関しての優位性を補足解説していきます。

>1Roundスキャル

案内資料の中では、この記事タイトルにもあるように、多くのトレーダーが見落としている「下位足」の重要性を解説していました。

もちろん、日足や1時間足などの上位足もFX相場全体を把握する環境認識の面で重要なものの、下位足の動向も押さえなければ、トレードで安定して勝つことができません。

なぜなら、相場は上位足からの影響だけではなく『下位足からの影響』も大きく関わってくるからです。

概要を簡単にお話しすると、下記のようになります。

  • そもそもFXのような相場は「買い」または「売り」、注文の多い方に値動きが発生する仕組み
  • ただし、注文できる数量は、トレーダーの資金力によって大きく異なる
  • 特に、金融機関のディーラーや、大口のトレーダーは資金力が膨大なので、場合によっては相場を1人で動かし、トレンドの開始点を作ってしまうことも
  • そんな金融機関に在籍するようなディーラーは、ほとんどの場合で当日中にポジションを決済するという決まりがある
  • そのため、必然的に彼らディーラーは、デイトレードやスキャルピングの手法を行い、1分足などの下位足でトレードの判断をするケースが非常に多い
  • そんな彼らは膨大な資金力のためFX相場に大きな影響を与えるからこそ、1分足のような下位足から大きなトレンドが始まることが少なくない

以上のような背景があるため、FXのような相場に影響を与えて「トレンド」を作り出しているのは決して上位足だけではなく「下位足」も要素となっているわけです。

ですので、下位足のプライスアクション(ローソク足の動向)、上位足で把握する相場全体の環境認識をあわせることで、より精度の高いトレードが可能となります。

そんな高精度なトレードを、

・上位足の環境認識
・下位足のプライスアクション

という2つの側面から体系化した手法が、冒頭でもご紹介した『1Roundスキャル』です。

>1Roundスキャル

そんな1Roundスキャルでは、上位足と下位足の影響を押さえつつ、下記のように有効性の高いチャネルラインを軸にトレードを行います。

  • RSIやRSIなどにあるパラメータ(設定値)がないため、ラインを引くトレーダー同士に大きな差が発生せず、同じような視点で値動き分析を行うので高い精度でトレンドの把握が可能
  • チャネルラインはトレンドラインと平行なアウトラインで構成され、キレイなN字を描くトレンドを表す指標になるため、ラインを引かないトレーダーたちにも同じようにトレンドの発生が意識される

以上のように、チャネルラインを駆使するテクニカル分析は、

ラインを引くトレーダー
ラインを引かないトレーダー

たちにも、同じように意識されるトレンドを把握することが可能です。

結果的に、大多数のトレーダーたちと同じトレンドを意識できるので、トレードの勝率が必然的に高まっていきます。

その上で、先ほど触れたような、

下位足によるプライスアクション
上位足による環境認識

を徹底することで、さらに精度を高めているのが、この『1Roundスキャル』なわけです。

案内資料の方では、チャート図を使っての解説、ロジックの細かな解説も行っていますので、ぜひご覧になってみてください。

>1Roundスキャル

それでは。

杉原。

ライントレードはほかのトレーダーとまったく同じラインを引けないと勝てない?

杉原です。

先日、私が継承しているFXのデイトレ手法に対し、

「ライントレードは、トレーダーによってトレンドラインや水平ラインの引き方に差が出てしまい、有効性が薄れるのでは?」

という趣旨の質問を頂いたので、回答をシェアしたいと思います。

私が現在、継承しているFXデイトレードの手法に関しては、下記のページでエントリー条件や指標の使い方を含めロジックを公開していましたので、宜しければ当記事とあわせてご覧になってみてください。

>重複点テクニカル

ライントレードにおけるラインの差異

まず、私のブログでラインの引き方に関する記事を行っていました。

その上で、教材内でも記事の記事を紹介しているため、慣れていない事による「漏れ」や勘違いがない限り、実践者は同じ思考回路でラインの生成が行えているはずです。

上記の記事で解説しているように、少なくとも、私の手法だけが特殊な引き方をしているわけではありません。

ライントレードを心得ているトレーダーにとっては当然の引き方であり、このような引き方の基本はテクニカル分析が発祥された頃から、書籍やブログ/サイトで広まっているため、

「共通認識」

としてとらえられているので、大多数のトレーダーがほぼ同じような引き方になります。

もちろん、まったくの初心者トレーダーにとっては、そんな共通認識として多くの人に知られている引き方が分からず、まったく異なる引き方で引いたラインを頼りにトレードしており、そういった意味で

「人によって異なるラインを信頼している」

というとらえ方はできるかもしれません。

まったく同じラインを見ていなくても、ライントレードの有効性はあるのか

そのような共通認識である引き方を理解していないトレーダーを含めれば、仰るとおり、同じ基準、尺度で判断ができていない事は間違いありません。

ただ、そんな共通認識さえ理解ができていないトレーダーは、相場で重要な「大衆心理」の理解を把握していない、ラインの引き方を学べていない時点で、おそらく、そもそもあまり勝てていないと推測されます。

勝てていないということは資金も少なく、必然的にロット数も低くなり、相場に与える影響はまったくありません。

逆にしっかり共通認識とされているラインの引き方を理解し、それに沿って引けているトレーダーは勝つ可能性が高いため、資金が増えてロット数も上がるので、相場に与える影響がとても大きくなります。

そんな共通認識の引き方でラインを引けているトレーダーの注文が、相場に強い影響を与えるからこそ、共通認識で引けるラインが強く作用しやすいわけです。

特に、中長期ラインであれば、短期〜中長期までさまざまな手法のトレーダーが意識するからこそ、異常な程に効き目があります。

(私自身、中長期のトレンドラインなどは非常に有効性があり、中長期ラインに特化した新たな手法を考案しているほどです)

以上を前提として踏まえた上で、共通認識される引き方をしたものの、高値や安値を結ぶ際のズレは仕方ないと思います。

ただ、ラインの反発を狙うライントレードは、ラインにぴったり触れた瞬間を狙うのではなく、

「ラインの付近」

を狙うのが本質的です。

手前で反発が始まる事もあれば、少しブレイクしてから反発を始めるケースもあるからです。

ゆえに、ラインに触れる場面のみを狙うわけではないため、共通認識による引き方を意識した上での
トレードによる個人の誤差は、まったく問題ないと考えていました。

実際にラインを引いたチャート事例は、100以上の例をエントリー条件とともに公開しているので、
そういった面からも実践者がほぼ同じようなラインを引ける思考回路にはなっていると私は思います。

とは言っても、前述したように、人間が引く以上はどうしてもズレが生じ、それが微妙な誤差になることは避けられません。

もし、実践者が100%の確率で同じ基準、尺度になる指標と言えば、

・125.000円などのキリ番(いわゆるトリプル0)
・前日の高値(または安値、始値、終値)

くらいしかないと思います。

このような指標(というより単なる価格帯)であれば、人間が引く必要がないため、100%の確率で完璧に同じ基準/尺度で見ている事になるからです。

ただ、トレンドラインも水平ラインも、パラメータが存在しない上に、

「引き方に関しての共通認識がトレーダー間に存在する」

からこそ、テクニカル指標の中でも今挙げたキリ番などに近い性質があるので、ライントレードは非常に有効性のある手法だととらえていました。

ライントレードにおけるラインの差に関するまとめ

以上、実際に人間が引く上ではトレンドラインにしても水平ラインにしても、微妙な差が出る事は仕方ありません。

ただ、トレンドラインにしても水平ラインにしても設定値(パラメータ)自体が存在しないため、その分だけ多くのトレーダーと同様の尺度/基準でラインを使った分析ができる事は間違いありません。

だからこそライントレードには高い精度の分析によって大きな可能性があると言えるわけです。

実際に下記のページで細かくロジックを解説していますので、宜しければ目を通してみてください。

>重複点テクニカル

>ブログの目次はこちらから

>【ライントレード】FXのデイトレで下位足でしか引けないラインは意味がない?

ページの先頭へ