杉原です。

今回は私自身も愛用しているExnessにおける「最大ロット数」「最大ポジション数」について注意点を踏まえ解説させて頂きます。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

Exnessは最大レバレッジが無制限、ロスカット水準が証拠金維持率0%ということもあり、ロットを大きくしたFXのデイトレードで利益率を高めやすい業者です。

ただ、多くのFX業者では、

「最大ロット数」
「最大ポジション数」

に制限があり、稼ぎに「限界」が生じてしまう事が避けられません。

そこで今回は、Exnessでのトレード利益をより高めるべく、「最大ロット数」「最大ポジション数」に関して解説させて頂きたいと思います。

Exnessの最大ロット数に生じる「制限」

1ショット(1回のトレード)において注文が可能なロット数が最大ロット数であり、Exnessの場合その数は下表のように「時間帯」で制限が生じます。

16:00~翌05:59 06:00~15:59
スタンダード口座 200ロット 20ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

表のとおり、現状では、

・スタンダード口座
・プロ口座
・ロースプレッド口座
・ゼロ口座

という開設が可能な全口座タイプで共通し、

・06:00~15:59(主に東京市場)は最大20ロット
・16:00~翌05:59(主にロンドン市場とニューヨーク市場)は最大200ロット

と、時間帯によって制限数が決まっています。

日中は1ショットあたり20ロットが限度なので、東京市場で活動するようなトレーダーによっては、若干、物足りなさを感じるかもしれません。

その反面、「稼ぎ時」でもある夕方~深夜に関しては、200ロットまで制限が引き上げられているため、それほど不便さは感じないと私は思います。

私自身は、下記の記事でも紹介しているとおり、しっかりと値動きが出るロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯(21時頃~翌2時頃)のみでFXのデイトレードを行っているため、特に困った事はありませんでした。

>1日10%台の利益率を出しているFXのデイトレードについて

ちなみに、幾ら証拠金が潤沢にあり、ここで触れた最大ロット数以上の注文をできるからと言っても、制限以上の注文はとおりませんのでご注意ください。

ただ、ここで挙げたExnessのロット制限は、1ショット=1回のエントリーあたりの制限になります。

そのため、複数回に分けてエントリーすれば、制限されたロット数以上のポジション数を持つことが可能です。

時間帯の切り替え時における注意点

先ほど挙げたとおり、6:00になると、それまでは最大200ロット数の発注が可能だったものの、20ロットまで制限が発生します。

ただ、6:00になる前に20ロット以上を発注してしまえば、6:00~15:59まで生じる最大20ロットという制限により強制ロスカットされる事はありません。

あくまでも、Exnessにおけるロット制限は、新規のエントリーをする際の時間によって適用されるものだからです。

ですので、仮に5:59に200ロットのエントリーをしても、6:00になったからと言って20ロットを引いた180ロットが強制ロスカットされる事はないので、ご安心ください。

最少ロット数

最大ロット数に対する「最小」のロット数に関しても触れておきたいと思います。

口座タイプ 最少ロット数
スタンダード口座 0.01ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

表のとおり、開設が可能な口座タイプすべてにおいて、一律して0.01ロットとなっています。

1ロットが10万通貨になるため、1,000通貨単位から細かな発注ができるということです。

Exnessにおける最大ポジション数の制限に関して

まず前提として、最大ポジション数は1口座あたりの総ポジション数であり、

・ユーロドル(EUR/USD)を1ロットでロング
・ポンドドル(GBP/USD)を5ロットでロング

した場合には、ポジション数は「2」ということになります。

このようにポジション数は、先ほど触れた最大ロット数とは関係がありません。

その上で、下表に示すような最大ポジション数を超えてエントリーすることはできないのでご注意ください。

MT4 MT5
スタンダード口座 1,000 無制限
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

以上のように、Exnessでは「MT4」「MT5」で制限数が異なります。

1,000もあれば基本的には十分ですが、さらに高い利益を求める場合、最大ポジション数が無制限であるMT5の選択が必要です。

まだ通っていない注文について

成行とは別に、指値注文を出す際には、まだ約定しなくとも、指値で発注した時点でポジション数にカウントされるのでご注意ください。

約定の有無は関係がなく、「発注したかどうか」が、ポジション数の数え方になるということです。

最大ポジション数の制限は1アカウントでの適用か?

MT4を使用する場合に生じる、1,000ポジションという制限は、アカウント単位ではありません。

あくまでも1口座あたりの制限になるからです。

ですので、

「MT5では使えないインジケーターがあるので、どうしてもMT4を使いたい」

という場合、複数のMT4口座を開設すれば、最大ポジション数の制限をクリアすることができます。

2つのMT4口座であれば、最大2,000、3つ開設すれば3,000のように、口座数に比例して保有ができる最大ポジション数が増えるわけです。

Exnessは、いくつも口座を開設することができます。

下記に、追加口座の開設に関する詳細や手順をまとめた記事がありますので、必要に応じて参照なさってください。

(ちなみに、異常な個数の口座を開設することが可能です。。。)

>最大1,000以上?Exnessにて追加で複数の口座開設を行う方法の図解

まとめ~Exnessの最大ロット数と最大ポジション数の制限や注意点~

以上、今回はExnessにおける、

・最大ロット数
・最大ポジション数

に関しての注意点や詳細を解説させて頂きました。

改めて総括しますと、下記のようになります。

Exnessの最大ロット数
16:00~翌05:59 06:00~15:59
スタンダード口座 200ロット 20ロット
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座
Exnessの最大ポジション数
MT4 MT5
スタンダード口座 1,000 無制限
プロ口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座

以上のように、口座タイプに関わらず、最大ロット数は時間帯によって制限されています。

対して最大ポジション数の制限は、どの口座タイプであろうとも、開設時に選択した、

・MT4
・MT5

のいずれかによって発生する仕組みです。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

下記にExness関連の記事を用意していますので、興味があるものをあわせてご覧になってみてください。

【Exness関連の記事】

本ブログ『専業FXデイトレーダーの会』では、FXのデイトレード専業で勝ち続けるべく有益な情報を発信しています。

宜しければ、ほかの関連記事もあわせてお読みになってみてください。

>ブログの目次はこちらから

>含み損ほぼなし。キリ番を利用した「負け知らず」の聖杯に近いFXのデイトレ手法。

>1日10%台の利益率を出すFXのデイトレードについて

>利益率15%平均を1日で稼ぐFXデイトレーダーたち

>少額でも資産を増やせる、聖杯に近いFXデイトレード手法の条件。

>リスクリワード1:2~3。窓埋め後を狙った高勝率のFXデイトレ手法。

>高勝率の「窓埋め」を利用した『鉄板』のFXデイトレード手法

>コツコツドカンの逆トレードについて。勝率とリスクリワードの関係から解説。

>破産注意。FXのデイトレでコツコツドカンをやって負ける原因と対策。