杉原です。

今回の記事では、

・まだ思うようにFXのデイトレードで勝てていない
・もっとFXのデイトレードで収益を伸ばしたい

という、いずれの場合であっても、価値を感じて頂ける内容として、

「FXデイトレードのコツ、上達法」

に関しての4選を解説していきたいと思います。

私自身、一応ですが専業のFXデイトレーダーとして活動していますので、今回の記事で解説させて頂く内容は、私が実際にFXのデイトレードを専業にできるまでに行った「上達法・コツ」です。

ですので、専業FXデイトレーダーを目指す意識がある場合は、非常に有益な記事になると思います。

宜しければ、ぜひ最後までお付き合いください。

早速ですが、今回のテーマであるFXのデイトレ上達法・コツとして、私が考える上では以下の4つがあります。

  • 1.その場の感覚でトレードをしない
  • 2.確固たるFXのデイトレード手法をモノにする
  • 3.デモトレードはせずに実際の相場で実践
  • 4.根拠のない情報に流されない

それでは、1つずつ掘り下げてみましょう。

FXのデイトレ上達法・コツ1.その場の感覚でトレードをしない

1つ目は、感覚でトレードをしてはならないということです。

普段は自分が取り組んでいる手法を守ってトレードしているものの、チャートを眺めていて「絶好のチャンス」と思い、その場の感覚でトレードをしてしまう事は避けなければなりません。

なぜなら、そんな突発的に感覚で行うトレードは、しっかりと検証していない手法になるため、ただの「ギャンブル」と同じになるからです。

いくら絶好のチャンスに見えて、

「今ロングでエントリーすれば絶対に勝てるはず!」

と確信を持ったとしても、普段取り組んでいる手法以外の場所でエントリーしてはいけません。

仮にその時は勝てたとしても、そんな「未検証」のトレードを繰り返せば、いずれは負けが続く可能性があります。

専業レベルで勝ち、FXのデイトレードで長く勝ち続けたいのであれば、検証を済ませていない突発的な感覚で行うトレードは絶対にさけるべきなんです。

どんなに「おいしそう」な相場状況が来ても、普段行っているFXのデイトレ手法以外の相場には絶対に手を出さないように意識してください。

長くFXのデイトレードを続ければ続ける程、未検証の手法によって「無駄な損切り」を増やしてしまい、普段得られていたはずの利益が削られてしまい、収益が伸び悩む原因に成り得るからです。

ここで挙げた、取り組んでいるFXのデイトレ手法を徹底的に守る事が、FXデイトレのコツを掴む方法であり、上達の第一歩となります。

FXのデイトレ上達法・コツ2.確固たるFXのデイトレード手法をモノにする

続いては、確信を持てる確固たるFXのデイトレード手法をモノにするということになります。

この「モノにする」という表現は、「身に付ける」という意味合いで間違いありません。

FXのデイトレ手法を自ら構築する
第三者が構築したFXのデイトレ手法を手にする

という、どちらの場合にしても、自分がその手法を使いこなせるレベルにする必要があります。

なぜなら、いくら過去の「止まっているチャート」で勝てると思っていても、実際の相場ではチャートは動いており、手法を身に付けていないとミスを連発して大きな損失を繰り返す可能性が高いからです。

実際のところ、リアルタイムの相場(チャート)とは異なり、過去のチャートは動いていません。

そのため、有効なFXのデイトレ手法を手にした(または構築した)際、過去チャートでいくら勝てていても、リアルタイムの相場ではなかなか上手くいかないケースが多々あるわけです。

そんな、実際の相場ではFXのデイトレ手法が上手くいかない根本原因としては、

・リアルタイムに動き続けるチャートのスピード感に追い付けない
・チャートの右側が見えない事で確信が持てずに迷ってしまう

などが挙げられます。

実際の相場で上手くいかない要因1.リアルタイムに動き続けるチャートのスピード感に追い付けない

実際の相場では、常に止まる事なくチャートは動き続けます。

その上で、録画した映像やYouTube動画のように、自分の思いとおりにチャートを止める事はできません。

そういった面から、止まっている過去チャートでは余裕であるものの、実際に動いているチャートでは焦ってしまうケースが多々見受けられます。

そして、チャートの動きに焦った結果、本来のFXデイトレ手法とおりにエントリーや決済ができず、無駄な損失を連発してしまうわけです。

実際の相場で上手くいかない要因2.チャートの右側が見えない事で確信が持てずに迷ってしまう

過去のチャートでは、チャートの右側=その「先」が見えます。

対して、実際のチャートでは前述のとおり動きを止める事ができないだけではなく、チャートの右側がまったく見えません。

まるで、真っ暗闇の中を突き進むような感覚です。

そのため、本来は手法とおりにトレードすればエントリーする場面だとしても、

「本当にここでエントリーしていいのか?」

と、不安を感じてエントリーを見送ってしまうケースがあります。

本当はエントリーして利益を獲得すべきチャンスにも関わらず、そのチャンスを見逃してしまう事で本来は得られるはずの収入が得られません。

また、エントリーだけに限らず、決済の場合も同様です。

本来の手法とおりならば即座に利確しなければならない場面だとしても、チャートの右側が見えない事で不安になり、利確を先延ばしにした結果、大きな反転が起こってしまい、逆に損切りになるケースも少なくありません。

以上が、

・リアルタイムに動き続けるチャートのスピード感に追い付けない
・チャートの右側が見えない事で確信が持てずに迷ってしまう

という、実際の相場になると、なぜか手法を上手く実践できない原理になります。

正直な話、いくら有効なFXのデイトレード手法だとしても、過去チャートで勝ててもコツを掴めない上に上達ができないため、あまり意味がありません。

前述のとおり、過去チャートは止まっていますし、何より「緊張感」がまったく異なるからです。

ですので、動いているチャートでも実践できるように、確信を持てる確固たるFXのデイトレード手法をしっかりと身に付ける事が第一になります。

では、どうすれば動きのある実際の相場でも、過去チャートと同じように手法の実践ができるようになるかという、その方法こそが、次に解説する『FXのデイトレ上達法・コツ3.デモトレードはせずに実際の相場で実践』になります。

取り組むべき、手に入れるべきFXデイトレードの手法に関する「特徴」「原則」に関しては、下記の記事で詳しく掘り下げておりましたので、あわせてご覧になってみてください。

>専業で勝ち続けるFXデイトレード手法の特徴とテクニカル分析の四大原則。

FXのデイトレ上達法・コツ3.デモトレードはせずに実際の相場で実践

先ほどは、動きのある実際の相場でも、過去チャートと同じように手法の実践ができる必要があると解説してきました。

その上で、「どうすればリアルタイムの相場でも、しっかりとFXデイトレ手法の実践が可能になるか」の答えが、

『デモトレードはせずに実際の相場で実践する事』

になります。

まだ手法が完全に身に付いていない状況で、実際の相場に向かう事は危険に感じるかもしれません。

ただ、「最低金額」でのトレードならば、いくら負けても資金の減少は微々たるものなので、特に問題ないと思います。。

ですが、多くの方は実際の相場に向かうよりも、「デモトレード」を優先して取り組む場合が少なくありません。

デモトレードは数百万単位の金額でトレードの疑似体験ができるため、練習として有効な手段と考えられています。

確かに、自分が目指したい資金量でのトレードを疑似体験ができれば、実際の相場に向けての有効な練習に感じるかもしれません。

しかし、デモトレードはいくら負けても自分の金額ではないため、実際の相場とは「緊張感」がまったく異なります。

そのため、本番のトレードを行う際に初めて緊張しながらのトレードになってしまうため、動きのあるリアルタイムのチャートでは上手くいかない傾向にあるわけです。

加えて、実際のスプレッドや注文の処理速度も、デモトレードと実際の相場では同じにはなりません。

要するに、緊張感だけではなく、スプレッド、注文の処理スピードさえも本番の相場とは違うからこそ、デモトレードはあまり有効な上達法とは言いにくいんですね。

一方、デモトレードではなく、本番の相場で最低金額のみを入金して、最低ロット数で練習するという方法ならば、

・緊張感
・スプレッド
・注文の処理スピード

などはリアルな相場環境とまったく変わらないため、有効な上達法と言えるわけです。

その上、最低金額のみ、最低ロット数のトレードなので、失敗を繰り返したとしても、損失は本当に微々たるものでしかありません。

ゆえに、特にリスクもありませんし、本番と同等の緊張感や環境で実践ができるようになります。

そのため、いざ大きな資金を投入してロット数を上げた際にも、練習と同様に実践ができるほど、手法を身に付けられるようになるということです。

以上が、3つ目のFXデイトレードのコツおよび上達法になります。

FXのデイトレ上達法・コツ4.根拠のない情報に流されない

最後となる4つ目のFXデイトレ上達法・コツは、無根拠の情報に流されないことです。

今現在、世間的に投資・トレードに関する情報は、特に下記のような媒体で垂れ流し状態にあります。

  • 雑誌や書籍
  • ブログやサイト
  • ネット広告
  • YouTube動画
  • 情報商材

そして、上記の9割強が、営利目的による媒体です。

一部、単に自身のトレードを記録する目的で運営するケースがありますが、本当にごく一部に過ぎません。

基本的に上記のような媒体は、

・オンラインサロンの勧誘
・EA(自動売買ツール)の紹介
・情報商材の売り込み
・口座開設の斡旋

などを介して「収入を得ることが目的」というケースが大半以上を占めています。

もちろん、そのような行為自体が違法ではないですし、個々のビジネスモデルですので特にそれに退位して問題はありません。

そういう私自身も、このブログ『専業FXデイトレーダーの会』やメルマガを介して、FXのデイトレードに関連する情報を発信していることは事実です。

その上で、なぜ専業のFXデイトレーダーである私が、あえてブログやメルマガを運営して、自身の手法を第三者に継承しているのかという明確な答えは、下記の記事にて一切隠さずに明かしています。

宜しければ、あわせてお読みになってみてください。

>私が有効なFXのデイトレード手法を第三者に継承している理由

ただ問題なのは、ブログやサイト、YouTubeなどで情報発信を行っている人が、実はトレードの『素人』というケースが本当に多く、中には非常に的外れな間違った情報が拡散されていることです。

以前、

「トレードをやるよりも、情報商材やEAなどを売り込む方が楽に儲かる」

という趣旨の情報商材が販売され、それを機に、多くのブログやサイトが、情報商材やEAの紹介料を貰う目的で運営され始め、YouTube運営なども増えてきました。

紹介屋、いわゆるアフィリエイターという人達です。

前述のとおり、アフィリエイト行為自体は違法でも何でもないので、特にどうこう言うつもりも、権利もありません。

ですが、問題はアフィリエイター達が発信する『的外れ情報』によって、間違った知識を得てしまうという事なんです。

まだFXのデイトレードで思うような成果が得られていない段階では、一体どんな情報が本当に正しいものかという判別が非常に難しいと思います。

特に、高額な情報商材やオンラインサロンの売り込みでは、腕を組んで堂々と顔出ししている人がいるので、勝てるノウハウだと誤認してしまう可能性も否定できません。

仮に、間違った情報を信じたばかりに、自身のFXデイトレード収益がまったく伸び悩み、最悪の場合、FXデイトレのコツを掴んだり上達するどころか、資金をどんどん減らしてしまう可能性すらあります。

そんな状況に陥れば、FXのデイトレードでの成功は遠のく一方です。

そこで、投資・トレードに関する情報を得る際には、

「その情報が根拠のあるものかどうか」

を基準にして、信じるかどうかを判断する事をおすすめします。

要するに、その情報が理に適っているかどうかを見極めた上で、信じるか信じないかを判断するわけです。

そのポイントとしては、発信情報が無根拠ではなく、「しっかりとした納得できる理論が展開されているかどうか」になります。

ブログやサイト、YouTubeなどをはじめ、あらゆる媒体から情報を受け取る際には、上記を意識した上で根拠のない情報に流されないように注意してください。

そうする事により、自然と正しい情報のみを取り入れられるようになり、FXデイトレーダーとしての成功に一歩ずつ近づけるようになるはずだからです。

まとめ。FXデイトレードのコツや上達法の4選。

以上、今回の記事ではFXデイトレードのコツ、上達法として、下記4つを解説させて頂きました。

  • 1.その場の感覚でトレードをしない
  • 2.確固たるFXのデイトレード手法をモノにする
  • 3.デモトレードはせずに実際の相場で実践
  • 4.根拠のない情報に流されない

その上で、密接に関連する記事を下記に用意しましたので、宜しければあわせてお読みになってみてください。

>専業で勝ち続けるFXデイトレード手法の特徴とテクニカル分析の四大原則。

>本当にポンド円?デイトレに適したFX通貨ぺアの特徴と上位6つを紹介

>この時間帯のみでも十分。FXのデイトレードで利益率と勝率が高い時間帯とは。

>少額でも儲かる。FXのデイトレードに適した取引口座のスペック。

それでは。

杉原。

>ブログの目次はこちらから