杉原です。

今回は少額資金ではなく、元手/資金が「0」から完全なノーリスクで専業FXデイトレーダーを目指す事をテーマに記事を行っていきます。

その上でまず、文字とおり、トレードに使える資金が0円であっても問題ないです。

また、決して何かを不用品を売ったり、副業を行ってトレード資金を稼ぎましょう・・・などもございません。

要するに、完全に「リスクなし」で取り組める企画なわけです。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ1.口座開設ボーナスの獲得

当然ながら、銘柄を売買する上で、トレードには資金が欠かせません。

ただ、口座開設時に貰える「口座開設ボーナス(未入金ボーナス)」を使えば、自分自身でトレード資金をわざわざ用意する必要がないんです。

ですので、初めはこの「口座開設ボーナス(未入金ボーナス)」を使って、文字とおり「0」から資金を増やしていく流れになります。

ただ、口座開設時に貰える未入金ボーナスは、どの業者でも実施しているサービスではありません。

むしろ、実施している業者はほぼ皆無です。

そして、そんな口座開設ボーナスを使う際にはロット制限がされる業者もあるため、口座開設ボーナスを使って自由にトレードさせてくれる業者はさらに少なくなっています。

その上で、

・高額な口座開設ボーナスを貰える
・そのボーナスを自由に使える

という条件を満たす業者が、下記の2業者です。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

IS6FX>IS6FXの公式サイトはこちら<

これらの業者は、高額な口座開設ボーナスを提供してくれているため、このボーナスだけでも複利運用していくことで、0から資金を大きく増やしていくことも不可能ではありません。

以下、GemForexとIS6FXの口座開設ボーナスについての関連記事も用意していますので、必要に応じてご覧になってみてください。

ただし、両者とも10万単位のような資金を貰えるわけではありません。

そのため、複数の業者で貰うと良いので、1社にこだわらず、2社で並行した方が望ましいわけです。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ2.口座開設ボーナスを使ってFXのデイトレを開始

ここまでの流れでは、

・GemForex
・IS6FX

という2社で口座開設ボーナスを獲得することができるようになりました。

ただ、いくら無料でFXのデイトレ資金を手にしたと言っても、肝心のFXデイトレード手法が疎かでは意味がありません。

せっかく獲得したボーナスをすべて溶かしてしまう恐れもあるからです。

そこで、私が実際に公開しているFXのデイトレ手法に関して、一部、エントリーと決済の条件まで細かく解説した記事を用意していました。

実際に高い利益率を出せているFXのデイトレ手法ですので、参考にして頂ければ幸いです。

ただ、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使う際には、出金するとボーナス分がなくなってしまう点にご注意ください。

仮に2万円の口座開設ボーナスを使って5万円になり、その時点で全額出金すると、利益の3万円は引き出せるものの、ボーナス分の2万円は「消滅」してしまうんです。

ですので、このように出金の処理をするとボーナス分がなくなるので、ある程度の額まで増やしてから引き出すべきとなります。

しかし、前述のとおり、10万単位ほどの口座開設ボーナスを貰えるわけではありません。

そのため、口座開設ボーナスで貰った資金をコツコツ0から複利運用で増やしていく必要があるわけです。

ですが、そこにほんの一手間を加える事によって、使える資金の増加率を劇的に高める方法があります。

それが、次項で解説する入金ボーナスです。

次項で触れる入金ボーナスは、先ほど紹介した「GemForex」「IS6FX」の両者とも完備している仕組みになります。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ3.入金ボーナスを併用して資金を一気に増加させる

仮に1万円の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使い、それを10万円まで増やしたとします。

その際、前述のとおり、出金すればボーナス分の1万円は「消滅」してしまうのでご注意ください。

ですが一度、その全額の出金を行えば、ボーナス分を差し引いた差額「9万円」を現金で手にすることができます。

その上で、入金額の100%を追加でトレード資金に加えてくれる『入金ボーナス』を活用する事により、トレード資金を即座に2倍へと増やせるわけです。

今の例で言えば、手元には口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使って元手/資金0から稼いだ「9万円」があります。

その出金した9万円を入金し、入金100%ボーナスを貰う事により、資金は2倍の「18万」へと一気に増加するわけです。

仮に、出金せずに「10万」のままトレードを行う場合と、このように一度あえて出金した上で入金ボーナスを頂く事で「18万」に資金を増やす場合とでは、明らかに後者の方がロット数を高められるので得られる利益が大きくなる事は間違いありません。

ただし、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)と同様に、この入金ボーナスも、出金処理をしてしまえば、受け取ったボーナス分は消滅してしまうのでご注意ください。

今回の例で言えば、9万円の入金によって入金額に対して100%のボーナスである9万円が、入金ボーナスとして貰えました。

そのため、18万になったトレード資金で複利運用を行い、22万程度で出金処理をしてしまうのは非常に「勿体ない」わけです。

ですので、最低でも約2倍の40万程に増やしてから出金する事をおすすめしていました。

今回の例の場合、9万が入金ボーナスなので、残り約30万は利益になり、手元に現金として引き出す事ができます。

ここまでの流れは、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)を使って資金を増やした後は、一度あえて出金し、その利益を入金して入金100%ボーナスの仕組みを使って資金を2倍に増やしました。

その後、複利運用を続け、およそ30万程の現金を手にするという流れでした。

その上で次項では、まとまった数十万の資金をどう扱っていくかを解説させて頂きます。

資金0からFXのデイトレで稼ぐステップ4.2パターンで資金を劇的に増やす

最後のステップは、

1.このまま出金と入金ボーナスを繰り返す
2.最上級のトレード環境が整っている業者に移って利益率を高める

という2パターンがあります。

1つ目は、先ほど解説していた、出金して入金ボーナスを貰って資金を2倍にし、それを複利運用で増やしていくパターン。

次いで2つ目は、ここまで使ってきた、口座開設ボーナス(未入金ボーナス)や入金ボーナスを貰える「GemForex」「IS6FX」から資金をすべて出金し、より口座スペックが高い業者へと全資金を移していく方針です。

ブログで掲載していた私やクライアントの実績は、1日あたり10%以上の平均的な利益率ですが、これらの実績は、「GemForex」「IS6FX」よりも優れた口座スペックである「Exness」で、

・無制限のレバレッジ
・証拠金維持率0%の強制ロスカット水準
・極めて狭いスプレッド

などのトレード環境によって、

・ロット数の引き上げ
・低スプレッドによる利幅の向上

があるからこその利益率にほかなりません。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

実際のところ、「GemForex」「IS6FX」では、

・レバレッジの高さ
・強制ロスカット水準の低さ

がExnessに比べて劣るため、同じFXのデイトレ手法であっても、ロットを上げられないというのが実情です。

加えて、スプレッドの狭さもExnessと比較して劣ってしまうので、トレードごとに得られる利幅も小さくなります。

その上で利益は『利幅×ロット数』なので、GemForexやIS6FXは、同じFXのデイトレ手法を取り組んでも、Exnessの場合に比べて利益率が低下してしまうわけです。

ですので、1日あたりの利益率が大きいほど、日々得られる利益に大きさ差が生じる事も考慮し、

・口座開設ボーナス(未入金ボーナス)
・入金100%ボーナス

を利用して、まとまった資金の獲得が完了したのであれば、私的にはExnessに移行する事を推奨していました。

後は、望むだけの金額まで複利運用で増やし、そこからは単利運用に切り替えるなど、目的に見合ったスタイルで取り組んで頂ければと思います。

総括~元手、資金0から専業FXデイトレーダーを目指す企画~

以上、今回の記事は、完全に元手/資金が0円の状態から、ノーリスクで専業FXデイトレーダーを目指して頂く流れを解説させて頂きました。

その流れが、以下、4つのステップになります。

  • 1.口座開設ボーナスの獲得
  • 2.口座開設ボーナスを使ってFXのデイトレを開始
  • 3.入金ボーナスを併用して資金を一気に増加させる
  • 4.2パターンで資金を劇的に増やす

今回の記事内で紹介したボーナスを貰える口座は、下記の「GemForex」「IS6FX」でした。

GemForex>GemForexの公式サイトはこちら<

IS6FX>IS6FXの公式サイトはこちら<

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)は期間が限られているため、貰える内に口座開設を行ってしまうことを勧めていました。

また、最後に紹介したExnessは、ボーナスがないものの、レバレッジやスプレッドを含めたスペックはどの業者にも負けないものを提供してくれています。

Exness(エクスネス)>Exnessの公式ページはこちら<

その上で、資金0から稼いでいくために欠かせない肝心のFXデイトレ手法は、下記の記事を紹介させて頂きました。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

杉原。

>ブログの目次はこちらから